Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ユーブロックス、Rigado社のBluetooth事業を買収、一般消費者向けのBluetooth Low Energyソリューションを拡大

2019.8.1  5:27 pm

ユーブロックス

Bluetooth製品ソリューションの範囲の拡大と、新たな販売チャネルや市場セグメントへのアクセスを確保

2019年7月31日、スイス、タルウィル
スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表仲哲周)は、本日、事業譲渡契約の締結により、Rigado社のBluetoothモジュール事業を買収したと発表した。

Rigado社は、商用IoT向けのEdge-as-a-Serviceゲートウェイ・ソリューションのトップ・プロバイダーで、2015年に認可済み無線モジュールの提供を開始している。
この買収で、ユーブロックスは、Bluetooth® Low Energy、Zigbee、およびThreadなどの分野で製品レンジが拡大できるほか、これまで扱っていなかった市場セグメントやチャネルにもアクセス可能となる。

また統合された近距離無線ソリューションを通じ、スポーツやフィットネスのような一般消費者向け市場をターゲットとする新しいモジュールをポートフォリオに追加できる。
同時に、Rigado社の既存顧客は、ユーブロックスが提供するWi-Fi、セルラー、測位の各ソリューションのすべてにアクセスすることで、IoTアプリケーションの活用が可能になるほか、ユーブロックスが提供するグローバル・サポート機能が利用できる。

ユーブロックスの近距離無線製品センターの責任者であるHerbert Blaserのコメント
「Rigado社のBluetoothモジュール事業の買収により、当社のすでに拡張的なポートフォリオが完全なものになるほか、スマート・ホーム、ウェアラブル機器、フィットネスなどの分野において、より多くのチャネルや新規顧客へのアクセスを確保できるようになります。また、当社では、Digi-keyやFuture Electronicsのような流通パートナーとの継続的なコラボレーションを実施する予定であり、将来的にシームレスな移行を実現できると考えています」。

Rigado社の社長であるGreg Rau氏のコメント
「我々は当社の市場トップのモジュール部門と、急成長しているエッジ・インフラストラクチャ・ゲートウェイ事業の両方を非常に誇りに思っています。モジュール部門の買収を通じて得た価値により、ゲートウェイ市場における当社の成長は、特にスマート・ビルディングや資産追跡のような重要なソリューション分野において、さらに加速されることでしょう」。

今後、Rigado社の元CEOであったBen Corrado氏がユーブロックスの近距離無線製品戦略チームへの参画、Rigado社のモジュール部門の主要スタッフのユーブロックス入社が予定され、オレゴン州セーレムにあるRigado社のオフィスがユーブロックスの北米近距離無線エンジニアリング・センターとなる予定という。

Rigado社のBluetoothモジュールのポートフォリオは、ユーブロックスの名前のもとに再ブランド化された後、ユーブロックスの近距離無線ソリューションへと統合されることも予定されている。

・Rigadoについて
2010年に設立されたRigado社のEdge-as-a-Serviceソリューションは、300以上のグローバルな企業顧客により利用されているほか、スマート・ワークプレース、コネクテッド・リテール、ロジスティックスのような市場における、資産追跡、スマート照明、センシング/モニタリングなどの商用IoTソリューションを通じて、500万台のコネクテッド・デバイスで使用されている。本社はオレゴン州ポートランド、イギリスのロンドンおよび中国の深圳にオフィスがある。
詳細 www.rigado.com

■ユーブロックスジャパン株式会社
 www.u-blox.com/ja/

配信広告
配信広告