Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

マウザー・エレクトロニクスが先進の自動化技術で物流センターを強化

2020.12.11  4:00 pm

マウザー・エレクトロニクスが先進の自動化技術で物流センターを強化

マウザー・エレクトロニクス(米国テキサス州マンスフィールド)は、先進の自動化技術を活用して、自社の広大なグローバル物流センターを運用し、世界中の何十万人ものお客さまに向けて必要な製品を必要な時にお届けしています。
  
マウザーの事業担当シニアバイスプレジデントであるピート・ショップは、次のように述べています。
「自動化技術の進歩は、業界の多くの領域で変革を起こしていますが、倉庫管理や物流も例外ではありません。当社ではパレットのピッキング、梱包、積み込みなど、幅広い作業にロボットを採用することで、業務が大幅に強化されました。IoT技術、無線システム、デジタルタブレットの活用により、1,000人を超える倉庫スタッフは、これまで以上に効率的に業務を行っています」
  
マウザーの広大な物流センターは、米国テキサス州ダラス・フォートワース大都市圏にある、約30万平方メートルにおよぶ本社キャンパス内にあり、1,100を超える電子部品ブランドの100万種類以上の製品品番(SKU)数による膨大な在庫を取り揃えています。 カスタマーサービスへの高い意識をもって、従業員は先進技術に柔軟に対応し、毎週数万件の受注を通常1件につき15分以内で処理しているとショップは語っています。
  
この数年、マウザーは極めて効率的で正確な注文処理の実現に向けて、先進の自動化設備への大幅な投資を行ってきました。現在、北米最大級の規模である55台の垂直リフトモジュール(VLM)を稼働させています。垂直リフトモジュール(VLM)とは、棚と自動昇降機を備えた強大な縦型ファイルキャビネットで、膨大な数の電子部品を保管します。VLMは部品を従業員のワークステーションまで直接運ぶので、作業効率と床面積のスペース効率を大幅に向上させます。
  
ショップによれば、物流センターは最近の約1万平方メートルにおよぶ大規模拡張工事の完了にともない、さらに進化を続けています。またマウザーは、1分間に最大14件の注文分の梱包ができる高度な自動梱包システム「I-Pack」を数台所有しており、現在は、OPEX社の「Perfect Pick」システムの導入を行っています。
  
ショップは述べています。
「私たちは単品から注文を承っていますので、少量の注文に必要な特別な対応も従業員が行います。先進自動化システムの導入は、主に効率性、生産性、正確性、スピードの向上に貢献します。こうした新システムは、より持続可能な稼働体制と顧客満足の向上を促す重要な推進力にもなります。センシングとロボット技術がさらに向上すれば、さらに優れた自動化技術によって、さらにスマートに働くことが可能になるでしょう」

マウザー・エレクトロニクスが先進の自動化技術で物流センターを強化
配信広告
配信広告