Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ピカリング インターフェースが産業用制御アプリの効率的なシミュレーションを実現するPXIシミュレータ・モジュール発表

2020.11.4  5:11 pm

ピカリング インターフェースが産業用制御アプリの効率的なシミュレーションを実現するPXIシミュレータ・モジュール発表

「41-765」アナログ出力/電流ループ・シミュレータ・モジュール、トランシーバのテストに4~20mA電流ループを使用

ピカリング インターフェース(英国クラクトン・オン・シー)は、4~20mA電流ループを使用し、産業用制御トランシーバのシミュレーションに最適な「41-765」アナログ出力/電流ループ・シミュレータ・モジュールを発表しました。
ピカリング インターフェースはPXIシミュレーション・モジュールの新製品を相次いで投入しており、今回発表した「41-765」はスルーレートのプログラムも可能なことから、さまざまなセンサの効率的なシミュレーションを実現します。
  
「41-765」アナログ出力/電流ループ・シミュレータは4~20mA、0~24mA、+/-24mA、0~5V、+/-5V、+/-12mVの複数の出力モードを備えており、高いシミュレーション精度と汎用性を提供します。このモジュールはショート/オープン機能向けにリレーを内蔵しており、各チャネルでの障害挿入テストが可能です。また、グラウンド・ループ防止のために完全絶縁モードでも動作可能です。
  
「41-765」モジュールは1つのPXIスロットで4チャネル~最大16チャネルを提供し、同種のシミュレータで最高の密度を実現しており、PXIやLXI/USBシャーシ・スロットでの他の計装機器の使用も可能にします。また、使いやすいソフト・フロント・パネルを採用しています。カーネル/VISAドライバを備えているほか、C/C++、.NET、Python、LabVIEW、MATLABなどのすべての主要プログラミング環境に対応します。
  
ピカリング インターフェースのシミュレーション・プロダクト・マネージャのポール・ボビントンは「シミュレータの大半はマニュアル制御のハンドヘルド機器です。『41-765』アナログ出力/電流ループ・シミュレータ・モジュールはプロセスを自動化することにより、Hardware-In-The Loop(HIL)などのシミュレーション・アプリケーションで時間短縮と精度向上を可能にします」と述べています。
  
「41-765」モジュールはプロセス計装、PID(比例/積分/微分)コントローラ、SCADA(監視制御/データ取得)システム、PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)などのアプリケーションの産業用電流ループ・トランシーバのシミュレーションに最適で、3年保証で提供されます。PXIシャーシ電源を使った電力供給、あるいは完全絶縁モードでの外部からの電力供給が可能です。チャネルはソースやシンクが可能で、トランスミッタやレシーバをエミュレートします。
  
PXIe版はお客様のリクエストに応じて提供可能です。また、ピカリングは互換ケーブルやブレークアウトのフル・ラインナップを提供しています。
詳細 https://www.pickeringtest.com/product/41-765-001-analog-output-current-loop-simulator-module-16-channel

配信広告
配信広告