Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

インフィニオン、新しい80V DC-DCバックLEDドライバIC、卓越した調光性能を提供

2019.7.10  5:21 pm

ICは目標とする電流の0.5%を達成する、革新的なハイブリッド調光モードテクノロジーを搭載

2019年7月3日、ミュンヘン(ドイツ)
インフィニオン テクノロジーズは、新しいLEDドライバICであるILD8150とILD8150Eを発表しました。ICは目標とする電流の0.5%を達成する、革新的なハイブリッド調光モードテクノロジーを搭載いたしました。供給電圧は8VDCから80VDCまでの範囲にわたり、安全超低電圧(SELV)近くで動作するアプリケーションに電圧面での大きな安全マージンを提供します。高度な調光を必要とする、一般家庭向けとプロフェッショナル用途の両方のLED照明に最適です。

ILD8150/ILD8150Eはちらつきを伴わない高度な調光性能を持ち、雑音も発生しません。250Hzから20 kHzまでのPWM入力信号により、アナログ調光モードでは100から12.5%まで、ハイブリッド調光モードでは12.5から0.5%までの範囲でLEDへの電流を制御し、変調周波数はちらつきを生じない3.4kHzです。高解像度のデジタルPWM調光検出と低電圧シャットダウン機能により、ILD8150/ILD8150Eとマイクロコントローラとの間の完璧なマッチングが得られます。またdim-to-off(減光からオフへ)機能とプルダウントランジスタも備え、dim-to-offモード中のLEDの光度増加を回避しています。

インフィニオンの新しいILD8150/ILD8150Eは、高圧側内蔵スイッチを使い最大1.5Aまでを駆動します。ILD8150のRDS(on)は290mΩと低く、95%を超える効率を持つ高出力の設計が可能です。一次側を突然の電流要求から守るソフトスタート機能と、最大出力電流を調整するシャント抵抗器も組み込まれています。出力電流はすべての負荷と入力電圧の下において定格3%の優れた精度(個々のユニット間のばらつき)を持ち、たとえば均一な電流を維持しなければならない調光可能な白色フラットパネルなどの用途に理想的です。さらにブートストラップ電圧を対象とした低電圧誤動作防止機能(UVLO)と過熱保護機能により、プロフェッショナル用途のLED照明ソリューションにも最適です。

供給状況

LEDドライバICはウェーブハンダ付けに対応したDSO-8ハウジングに収められています。ILD8150Eはエクスポーズドパッドを持つDSO-8パッケージを採用し、温度性能を高めました。どちらの機種もご発注いただけます。詳細についてはwww.infineon.com/ild8150www.infineon.com/ild8150eをご覧ください。

■インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社
 http://www.infineon.com/jp

配信広告
配信広告