Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ケイデンスがTensilica Vision and AI ソフトウェアエコシステムを車載、モバイル、コンシューマー、IoTなど最先端アプリケーション向けに強化

2023.4.12  6:00 pm

KudanおよびVisionary.aiが新規エコシステムメンバーとなり、高性能かつ電力効率の良いSLAMおよびAI ISPベースソリューションの迅速な展開が可能に

ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社 米国カリフォルニア州、以下ケイデンス)は、4月11日(米国時間)、TensilicaのソフトウェアパートナーにKudanおよびVisionary.aiを迎えたことを発表しました。
     
これにより、業界をリードするSLAM (Simultaneous Localization And Mapping: 自己位置推定と環境地図作成を同時に行うこと) およびAI ISP (Image Signal Processor) ソリューションに関して、Cadence® Tensilica® Vision DSPs and AI Platformsが強化されます。広範なTensilica Vision and AI ソフトウェアエコシステムには、本プラットフォーム上で様々なソリューションを開発する50社以上のパートナーが含まれ、車載、スマートフォンアプリ、IoT、ソフトウェアサービス、その他多数のアプリケーションに対応します。
     
ケイデンス・コメント
Amol Borkar(director, product management, marketing and business development for Tensilica Vision and AI DSPs)
「お客様の設計課題に最適に対応するためには、各ソリューションに向けて総合的にアプローチすることが重要です。ハードウェアの観点からは、大手スマートフォンメーカーやIoTシステムプロバイダーおよび次世代のコネクテッドカープロバイダーと継続的に協業するためには、Tensilica IPおよびアーキテクチャーの継続的なイノベーションが不可欠です。また、強固なソフトウェアエコシステムも極めて重要であり、KudanおよびVisionary.aiなど業界のリーダーと提携することにより、Tensilica IPを活用したデバイス上で最先端SLAMおよびAI ISPソリューションを効率よく、かつてない電力性能効率で動作させることが可能になります。」
     
Kudanは、Visual Odometry (カメラ画像による自己位置推定) およびSLAMアルゴリズムを初期に開発した業界のリーダーです。SLAMは、環境における自己の位置や向きの高精度な認識に使用される技術で、多数のカメラまたはセンサーをベースに開発されるシステムに使用されています。SLAMは極めて複雑な技術ですが、ロボット掃除機やAR/VR機器などの家電製品、さらに自動運転車や全自動操縦ドローンなどより複雑なシステムにも組み込まれています。Tensilica Vision Q7 DSP上でKudan独自のSLAM実装を行ったところ、前処理の画像特徴抽出の段階で10倍の性能向上が見られ、SLAMパイプライン全体ではCPUベースの実装と比較してパフォーマンスが約15%向上しました。
     
Kudan社コメント
Juan Wee氏(CEO, Kudan USA)
「ケイデンスとの協業、そしてTensilicaプラットフォーム上でKudanのSLAMパイプラインを加速させる機会を得たことを大変嬉しく思います。ケイデンスのTensilica Vision DSPは、SLAMアルゴリズムの様々なステップを最適化する特別な命令を備えており、消費電力の削減においても大きなメリットを最終顧客に提供してくれます。当社のSLAMソリューションへのアクセシビリティを向上して導入につなげられるよう、ともに取り組んでいくことを楽しみにしています。」
      
イメージやビデオ機能を持つほとんどのシステムではISP機能が確立されており、通常はハードウェアブロックとして提供されており、現状では処理能力は高いものの、柔軟性や適応性に欠けます。Visionary.aiの新しいアプローチではAIを使用して従来の「ハードウェア」ISP機能を置き換えており、最も困難な照明条件においても高品質なビデオをリアルタイムに生成することが可能です。Visionary.aiの効率的なAI-ISPなら、Tensilica NNA110アクセラレーター上で30fps超のフレームレートで動作させながら、フルHDよりも高い解像度でカメラパイプラインを実装できます。
      
Visionary.ai社コメント
Oren Debbi氏(CEO)
「Visionary.aiは、AIを使用し、リアルタイムで、特に最も困難な照明条件においてイメージを劇的に向上する方法を開発しました。この技術の真の力を発揮するために、高速かつ効率の良いニューラルネットワーク演算が求められています。ケイデンスのTensilicaエコシステムに参加することで、最も効率の良いVision and AIプラットフォーム上ですぐに動作する競争力の高いソリューションを確実にお客様にお届けできるようになりました。」
       
Tensilica Vision and AI DSP詳細
www.cadence.com/go/tensilicaecosystem
     
ケイデンス
cadence.com

配信広告
配信広告