Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ケイデンスがAIドリブン検証プラットフォームVerisiumにより検証効率を革命的に向上

2022.9.14  3:30 pm

ビッグデータおよびAIを活用する新世代の複数エンジンの複数実行により、検証負荷を軽減し、カバレッジを向上、複雑なSoCの設計不具合の根本原因解析を加速

ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社 米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下ケイデンス)は、9月13日(米国時間)、ビッグデータおよびAIを活用して、検証負荷を軽減し、カバレッジを向上、設計不具合の根本原因解析を加速するアプリケーション群で構成されるCadence® Verisium™ Artificial Intelligence (AI)-Driven Verification Platform(以下Verisiumプラットフォーム)を発表しました。
      
Verisiumプラットフォームは、新技術Cadence Joint Enterprise Data and AI (JedAI) Platform™上で構築されており、ケイデンスの検証エンジンと統合されています。
     
SoCがますます複雑になり、他の作業よりもコンピューティング資源や人的資源を消費することが多い検証作業が、システムの市場投入におけるクリティカルパスになっています。Verisiumプラットフォームのリリースにより、従来世代EDA (electronic design automation) の単一実行、単一エンジンのアルゴリズムから、ビッグデータおよびAIを活用してSoC設計そして検証作業全体における複数エンジンの複数実行を最適化するアルゴリズムへの世代交代を加速します。Verisiumプラットフォームを導入することにより、波形、カバレッジ、レポート、ログファイルなどの全検証データをCadence JedAI Platform上でまとめて管理することが可能になります。JedAIを軸に、機械学習 (ML) モデルの構築やメトリクスのマイニングを行い、検証効率を飛躍的に向上する新しいソリューションを提供します。
Cadence JedAI Platformを使用することにより、新しいAI ドリブン検証ソリューションVerisiumプラットフォームから、既に提供済のAIドリブンインプリメンテーションソリューションCadence Cerebrus™ Intelligent Chip ExplorerおよびAIドリブンシステム解析ソリューションOptimality™ Intelligent System Explorerに至るまで、データおよびAIにおけるケイデンスの演算ソフトウェア(computational software)の革新を一つの環境上で統合します。
      
Verisiumプラットフォームで使用可能な初期のアプリケーション群は以下の通りです。

  • Verisium AutoTriage:フェイルしたテストを俯瞰して、共通根本原因を推定し、テストをグループ化する、バグ・トリアージの自動化を支援するためのML手法
  • Verisium SemanticDiff:IPやSoCの複数コード間の機能的な差分を比較し、バグを入れ込むリスクのある変更点の分類とランク付けの機能
  • Verisium WaveMiner: 複数テスト結果の波形から、テストがフェイルとなる根本原因に関係する可能性が最も高い信号とそのタイミングの推定を行う強力なAIエンジン
  • Verisium PinDown: ソースコードの変更、テストレポート、ログファイルの情報から、バグを入れ込んだ可能性が高いソースコード更新を推定する、Cadence JedAI Platformおよび業界標準のレビジョンコントロールシステムと統合したML手法
  • Verisium Debug: IPからSoCそして単一実行から複数実行での総合デバッグソリューションを実現。波形、回路図、ドライバーのトレース、SmartLogテクノロジーによる高速かつ網羅的、対話的なポストプロセスデバッグフローを提供。Verisium DebugはCadence JedAI Platformおよび他のVerisiumアプリケーションと統合されており、パスしたテストおよびフェイルしたテストを比較することによるによるAIドリブンの自動根本原因解析が可能
  • Verisium Manager: ケイデンスのフルフローIPおよびSoCレベルの検証管理ソリューション。検証プラニング、ジョブスケジューリング、マルチエンジンカバレッジの各機能をCadence JedAI Platform上で提供し、さらにAIドリブンのテスト実行最適化をサポートしコンピュートファームの効率を向上。また、Verisium Managerは、Verisiumの他のアプリケーションとも統合されており、一体化されたブラウザーベースのマネージメントコンソールによって、簡単な操作でのVerisiumプラットフォームの活用が可能

ケイデンス・コメント
Paul Cunningham(Senior vice president and general manager, System & Verification Group)
「AIおよびビッグデータは、我々の周りの世界を変革しています。この変革を当社の核となるEDAビジネスにおいて実現するために、マルチ実行およびマルチエンジンを最適化する新しいテクノロジーを構築する必要がありました。Verisiumプラットフォームにより、Cadence JedAI Platform上に構築されたAIドリブン検証に関する新しい時代が始まりました。私たちの旅は始まったばかりですが、先進ユーザーはVerisiumプラットフォームを使用し、すでに検証の生産性および効率性に関して劇的な改善を確認されています。」
      
Verisium AI-Driven Verification Platformは、Palladium® Z2 emulation、Protium™ X2 prototyping、Xcelium™ simulation、Jasper™ Formal Verification Platform、Helium™ Virtual and Hybrid Studioをはじめとするケイデンスの検証フルフローの一貫です。ケイデンスの検証フルフローにより、プロジェクト実行における不具合および根本原因の検証スループットを劇的に向上します。Verisiumプラットフォームおよび検証フルフローは、ケイデンスのIntelligent System Design™戦略を支えるものであり、卓越した完成度の高いSoC開発を可能にします。
詳細
http://www.cadence.com/go/Verisium
     
MediaTek社コメント
Chinh Tran氏(Deputy General Manager, Silicon Product Development)
「MediaTekのモバイル、スマートホーム、コネクティビティ、IoT市場に向けた革新的なSoC製品は、お客様からのパフォーマンス需要に合わせるため、複雑化し続けています。それにより当社のプロジェクトスケジュールにおいて機能検証がますますクリティカルになっています。私たちは検証の生産性を向上するAIドリブンの複数実行テクノロジーに関して、ケイデンスと新世代に向けたビジョンを共有しています。ケイデンスとの緊密な協業により、自動的にバグの根本原因の特定を加速するVerisiumプラットフォームの画期的な機能を確認できたことから、ケイデンスと共に当社のIPおよびSoC検証チームに本ツールを展開しています。」
     
Samsung Electronics社コメント
S. Brian Choi氏(Corporate VP)
「SoCがますます複雑になるにつれ、当社のテープアウトスケジュールにおいて、SoCレベル検証が開発スピードを遅らす原因になっています。AIおよびビッグデータを活用することにより、設計および検証の生産性を飛躍的に向上する可能性に注目しています。当社はケイデンスと緊密に協業し、VerisiumプラットフォームをモバイルSoCの設計に導入することで、既にバグの自動トリアージおよび根本原因解析の実行に関して素晴らしい結果を得ています。」
     
ST Microelectronics社コメント
Mirella Negro Marcigaglia氏 (STM32 Digital Verification Manager)
「STM32マイクロコントローラのIPおよびSoC設計の急速な複雑化に対処する際に、機能検証と機能検証がクリティカルな懸念点なっています。AIテクノロジーを活用するケイデンスのデータドリブン機能検証プラットフォームおよびアプリケーションは、この問題への対応に非常に有望な手法です。STおよびケイデンスのビジョンが一致し、複数のVerisiumアプリケーションをSTに展開するために協業しています。我々は、Verisium AutoTriage、SemanticDiff、WaveMinerを活用することにより、機能検証の生産性を高めることができました。VerisiumアプリケーションおよびCadence JED AI Platformを使用することにより、IPおよびSoCデザインにおけるバグのトリアージ、バグの特定に関して、生産性を大きく向上していけることを期待しています。」
       
ケイデンス
cadence.com

配信広告
配信広告