Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

GLOBALFOUNDRIESとケイデンス、GLOBALFOUNDRIESの最先端FinFETソリューションのDFMサインオフにマシンラーニング機能を追加

2021.3.24  6:17 pm

世界をリードするファウンドリであるGLOBALFOUNDRIES® (GF®)とケイデンス・デザイン・システムズ社(米国カリフォルニア州サンノゼ市)は、3月23日(米国現地時間) 、マシンラーニング(ML)予測性能を活用したDFM (Design for Manufacturing)サインオフ検証環境の整備に向けて協業していることを発表しました。今回の協業の一環として、GFが開発したMLモデルを搭載したDFMパターン解析ツールCadence® Litho Physical Analyzerが、GFの12LP、12LP+ソリューションで認証を取得しました。
   
MLによって強化され、GFの12LP、12LP+ソリューション向けに最適化されたCadence Litho Physical Analyzerにより、In-Design自動DFMホットスポット検出・修正機能をお客様に提供し、インプリメンテーション設計の加速、開発期間の短縮を実現します。MLによる機能向上により、従来のパターンマッチングチェック機能と比較して、ツールの実行時間に与える影響は10%未満で検出の効率を最大33%向上することが可能になります。
   
GFは、12LPプロセスデザインキット(PDK)のアップデート版として、ML機能をサポートするためのDFMキットをリリースし、また2021年第2四半期には12LP+バージョンのリリースを予定しています。人工知能(AI)、データセンター、Internet of Things (IoT)、その他の市場に向けて最適化されたチップの設計や生産を加速するシンプルなソリューションをお客様に提供します。
   
GFの最先端FinFETソリューションである12LP+は、AI学習、AI推論アプリケーション向けに最適化されており、チップ設計者に効率的な開発環境を提供するため、市場投入期間の短縮も可能となります。GFの12LP+プロセスは、100万以上のウエハーを出荷した実績があり、実績のある14nm/12LP(pb-12lp-11-web.pdf (globalfoundries.com)プラットフォームをベースに構築されています。12LP、12LP+は、より微細で高価なプロセスに移行する必要なく、AIによるPPA (Power, Performance, Area) 最適化のメリットを提供します。
   
GLOBALFOUNDRIES社コメント
・Jim Blatchford氏 (Vice president of technology enablement):
「ML機能をCadence Litho Physical Analyzerに組み込むことにより、GFの12LP プラットフォーム、12LP+ソリューションをお使いのお客様は、インプリメンテーション設計においてサインオフ品質を検証でき、それによりさらに高品質のシリコンを実現できます。また、我々とケイデンスの協業を通してGFの12LP、12LP+ PDKに新機能を統合したことにより、より早期な実用化、お客様の設計フローとのシームレスな統合が可能となりました。」
   
MLで強化されたCadence Litho Physical Analyzerは、Cadence Innovus™ Implementation System、Cadence Virtuoso® カスタムIC設計プラットフォームとシームレスに統合されています。共通の使いやすいインターフェイスを通じて、よりスムーズな設計環境をお客様に提供します。Litho Physical Analyzerは、広範なCadenceデジタル設計フルフローの構成要素であり、ケイデンスのIntelligent System Design™戦略を支え、卓越したシステムオンチップ(SoC)設計を可能にします。
   
ケイデンスの最先端ノード向けソリューションの詳細
www.cadence.com/go/advnodesols

配信広告
配信広告