Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ams OSRAMが自動車の前照灯用向けで業界最高の明るさのLEDを発表

2021.12.10  4:14 pm

ams OSRAMが自動車の前照灯用向けで業界最高の明るさのLEDを発表

光学ソリューションのグローバルリーダーであるams OSRAMは本日、自動車の前照灯用として業界最高の明るさ性能のLEDを発表します。ams OSRAMは、車載用LEDのマーケットリーダーとして、Oslon Black Flat Xファミリーの投入により、業界に向けて強いメッセージを発信しています。リードフレームを使用したこの製品は、業界随一の明るさ性能を提供し、主に自動車のロービームおよびハイビームなどに使用されることを想定しています。

Oslon Black Flat Xは、自動車前照灯の標準装備のロービームとハイビームのソリューションで、現在市場で最も明るいLEDです。この写真は2チップタイプです。

自動車用照明は、最新技術により多様化しており、特にLED技術の発展がさらに新たな可能性をもたらしています。LEDは、最小限の設置スペースで優れた明るさを発揮するため、メーカーは照明ソリューションの設計に大きな自由度が得られます。ams OSRAMの自動車外装品マーケティングマネージャーであるPhilipp Puchingerは、次のように述べています。
「Oslon Black Flat製品ファミリーは、長年にわたり高品質でありながらコスト面でも最適化されたヘッドランプ設計の理想的なソリューションであり続けてきました。Oslon Black Flat Xラインの2つの新製品により、ams OSRAMは自動車用照明におけるイノベーションリーダーシップを再び発揮します」
      
表面実装可能なこの製品は、標準的な生産工程で特に容易に取り扱い可能です。1チップタイプは、1Aで460lmという市場をリードする明るさ性能に加え、3.75mm×3.75mmというコンパクトなサイズが特徴です。また、このLEDシリーズの特長であるQFNパッケージ構造により、放熱対策にも有利です。システムによっては、ヒートシンクの大幅な小型化、もしくは完全に排除することも可能です。
製品パッケージのもう一つの特長であるリードフレームにより、市場で普及するセラミックパッケージに対し、非常に低い低レベルの熱抵抗(Rth)を実現しています。特殊な酸化チタンの封入と合わせて、LEDのブラックパッケージにより1:200の高コントラストや、カラーオーバーアングル(色度の角度依存性)の均一化を実現しています。
          
Oslon Black Flat Xファミリーは、1チップタイプと2チップタイプから提供を開始します。2022年中頃に、マルチチップタイプの製品が拡充される予定です。
       
製品に関する詳細情報
https://www.osram.com/os/products/product-promotions/led-for-automotive-industry-and-consumer-applications/oslon_black_flat_x_family.jsp

配信広告
配信広告