Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

MathWorksがMATLABおよびSimulinkのRelease 2021bを発表

2021.9.29  2:39 pm

2つの新製品、5製品のメジャーアップデートおよび多くの新機能を導入

MathWorksは本日、MATLABおよびSimulink製品ファミリの「Release 2021b (以下、R2021b)」を発表しました。R2021bでは、2つの新製品および5製品のメジャーアップデートのほか、MATLAB® および Simulink® における多くの機能追加およびアップデートが行われています。MATLABの新機能では、コード リファクタリングやブロック編集のほか、MATLABからPythonのコマンドとスクリプトを実行する機能が追加されました。また、Simulinkのアップデートにより、Simulinkエディターからさまざまなシナリオに対応した複数のシミュレーションの実行や、Simulinkツールストリップでカスタムタブを作成することができます。
   
R2021bでは、無線通信をサポートする新製品も導入されています。
   
RF PCB Toolbox
RF PCB Toolbox により、高速および RF 多層プリント回路基板 (PCB) の設計、解析、および可視化ができるようになります。RF エンジニアは、トレース、ベンド、ビアなどを含む、パラメーター化されたジオメトリまたは任意のジオメトリを使用してコンポーネントを設計することができます。また、周波数領域での解析法のモーメント法およびその他の EM 解析を使用して、カップリング、分散および寄生の影響をモデル化することができます。さらに、ODB++ と Cadence® Allegro®、Mentor Expedition、Altium®、Zuken のデータベースをサポートするツールボックスにより、シグナル・インテグリティに関わるエンジニアは PCB レイアウトの高速部分を解析することができます。
    
Signal Integrity Toolbox
Signal Integrity Toolbox は、高速のシリアルリンクとパラレルリンクを設計するための関数とアプリケーションを提供します。また、複数のパラメーターで試行し、設計メトリクスを抽出し、波形と結果を可視化することができます。このツールボックスは、統計および時間領域シミュレーションを行うための規格に準拠した IBIS-AMI モデルをサポートしており、イコライゼーションとクロックリカバリを解析します。
    
上記の新製品に加えて、R2021b には、Symbolic Math Toolbox、Lidar Toolbox、Simulink Control Design のほか、ディープラーニング (深層学習)、強化学習、予知保全、統計および機械学習の各分野における製品の主要なアップデートが行われています。R2021b は今すぐにダウンロード可能です。MATLAB および Simulink 製品ファミリに関するすべての新製品、拡張機能、およびバグ修正の詳細については、R2021b のハイライトページをご覧ください。
    
    
MathWorks
jp.mathworks.com

配信広告
配信広告