ジョブ理論~イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム~

クレイトン・M ・クリステンセン、タディ・ホール、カレン・ディロン、デイビッド・ S ・ダンカン、依田光江・訳、ハーパーコリンズ・ジャパン

 「イノベーションのジレンマ」の著者クレイトン・クリステンセンによる、イノベーションを生む思考術。顧客が片付けたいと思うジョブ(仕事)に注目することが重要だと説く。顧客が「商品Aを選択して購入する」ということは、「片づけるべき仕事(ジョブ)のためにAを雇用(ハイア)する」ことだというのが著者の見立てだ。ジョブ理論によってイノベーションは運任せでなくなるという。「イノベーションのジレンマ」ほどの切れ味は感じないが、注目すべき論点が多い、イノベーションを生むべく日々奮闘されている方々にお薦めの1冊である。

 

 「ビッグデータの傲慢」といった警句に満ちているのも本書の特徴。顧客データを多く集め、市場分析を行ってもイノベーションは起きない。数値化できない因果関係やコンテクストにこそイノベーション成功の鍵がある。興味深いのは受動的データと能動的データという視点。後者の能動的データは目立つし定量化し易い(スプレッドシートに落としやすい)ので、企画担当者やマネージャーは飛びつきがち。だが、イノベーションにつながることは多くないとする。顧客の行動の底流を明らかにする受動的データこそ、動きは小さいが有用だとする。

 

 米国の経営書らしくイケアや GM、 ボルボ、サザンニューハンプシャー大学(SNHU)、プロクター&ギャンブル(P&G)、エアビーアンドビー、アマゾンなどケーススタディを多く紹介しており、理解を助けてくれる。大切なのは進歩(プログレス)であって商品(プロダクト)ではない。成功するイノベーションは顧客の成し遂げたい進歩を可能にし、困難を解消し、満たされない念願を成し遂げるものだと強調する。

書籍情報

ジョブ理論~イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム~

クレイトン・M ・クリステンセン、タディ・ホール、カレン・ディロン、デイビッド・ S ・ダンカン、依田光江・訳、

ハーパーコリンズ・ジャパン、p.392、¥2160

 

横田 英史 (yokota@nikkeibp.co.jp)

1956年大阪生まれ。1980年京都大学工学部電気工学科卒。1982年京都大学工学研究科修了。
川崎重工業技術開発本部でのエンジニア経験を経て、1986年日経マグロウヒル(現日経BP社)に入社。
日経エレクトロニクス記者、同副編集長、BizIT(現IT Pro)編集長を経て、2001年11月日経コンピュータ編集長に就任。
2003年3月発行人を兼務。2004年11月、日経バイト発行人兼編集長。その後、日経BP社執行役員を経て、 2013年1月、日経BPコンサルティング取締役に就任。現在に至る。
記者時代の専門分野は、コンピュータ・アーキテクチャ、コンピュータ・ハードウエア、OS、ハードディスク装置、組み込み制御、知的財産権、環境 問題など。
*本書評の内容は横田個人の意見であり、所属する企業の見解とは関係がありません。

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983