Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

オンセミが高効率のUSB電力供給ソリューションを発表

2022.5.13  4:32 pm

オンセミが高効率のUSB電力供給ソリューションを発表

より高周波のAC/DCコントローラとドライバにより、負荷範囲全体で最適な効率を確保しながら産業機器デザインを改善

インテリジェントなパワーおよびセンシン グ技術のリーディング・サプライヤであるオンセミ(onsemi、本社 米国アリゾナ州フェニックス)は、USB Power Delivery(PD)設計向けに、新製品「NCP1345」、「NCP1623」、「NCP4307」を発表しました。これらの新製品のコントローラとドライバは、特に100Wを超える負荷範囲に対応し、高効率AC/DC電源のBOMコンテンツを劇的に削減する革新的な機能を組み込んでいます。
       
オンセミのパワーコンバージョン・ソリューショングループでシニア・ディレクターを務めるシェイン・チルトン(Shane Chilton)は、次のように述べています。
「USB PDは重要かつ成長中のアプリケーションですが、その効率とサイズの要件を満たすことは、設計者にとって難しい課題です。当社の製品群により、設計者は既存のBOMから最大15個の部品を取り除くことができ、設計のコストを削減しながら、アプリケーションの厳しい効率と性能の基準を確実に満たすことが可能になります」
       
「NCP1345」は、高性能オフライン電源やUSB Type-C PD急速充電アプリケーション向けの擬似共振(QR)フライバックコントローラです。高周波のQR動作(最大350kHz)により、磁性体部品の小型化が可能です。NCP1345は、内蔵の定出力電流制限により制限電源(LPS)要件に対応する一方、高速周波数フォールドバック機能により優れた軽負荷効率を実現します。
       
「NCP1623」は、USB PD急速充電アダプタおよびコンピュータ用電源向けの最大定格300Wの小型ブースト力率改善(PFC)コントローラです。このデバイスは、高負荷時には臨界伝導モード(CrM)で動作し、負荷が減少すると不連続伝導モード(DCM)になり、公称負荷と軽負荷の両方で効率が最大化されます。 NCP1623は、低入力電圧で効率を最大2%向上させることができ、無負荷時の入力電力状態を最適化する100μA未満のスリープモードを提供します。
     
「NCP4307」は、複数の高性能スイッチモード電源トポロジーで、同期整流(SR)MOSFETと併せて使用する高性能ドライバです。NCP4307は内部200V CSピンから自己給電するため、補助電源を必要とせず、ハイサイド構成と低VOUTを実現します。 デュアルVCCピンにより、損失を最小限に抑えるための最適なVCCソースを選択することで、幅広いVOUTアプリケーション設計を最適化できます。
       
オンセミ(onsemi)
www.onsemi.jp

配信広告
配信広告