Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

オン・セミコンダクターの16Mp XGSセンサが、ファクトリーオートメーションと高度道路交通システム(ITS)に高品質な画像を提供

2021.7.28  11:47 am

東芝テリー社の産業用カメラファミリに採用されたXGS 16000は、29 x 29 mmのコンパクトカメラで最高レベルの解像度を実現

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(米国アリゾナ州フェニックス)は、CMOSイメージセンサXGSシリーズの新製品「XGS 16000」を発表しました。XGS 16000は、1600万画素のセンサで、ロボット工学や検査システムを含むファクトリーオートメーションに、高品質なグローバルシャッタ・イメージングを提供します。XGS 16000は、65フレーム/秒(fps)での消費電力がわずか1ワットであるなど、低消費電力で優れた性能を発揮します。これにより、XGS 16000はクラス最高レベルの消費電力でありながら、29×29mmの標準的な産業用カメラでは最高レベルの解像度を実現しています。
   
XGS 16000は、他のXGS CMOSイメージセンサと共通のアーキテクチャとフットプリントを採用しているため、カメラメーカーは単一のカメラデザインを用いて異なる解像度の製品を開発できます。XGS 16000は、フル解像度で最大65fpsの読み出しに対応し、様々なスピードグレードが用意されており、いずれもBayerカラーまたはモノクロを選択できます。
    
XGS16000の高解像度と高フレームレートは、高度道路交通システム(intelligent transportation systems: ITS)、マシンビジョン検査システム、産業用オートメーションのアプリケーションに使用されるカメラシステムの開発者にとって有益です。オン・セミコンダクターのグローバルシャッタのピクセル技術は、このようなアプリケーションにおけるローリングシャッタのピクセルに関する制限を取り除きます。グローバルシャッタ方式を使用することで、モーションブラーやディストーションなどのアーチファクトを回避できます。これは、自動化、検査、および識別のアプリケーションにおいて、ますます重要になっています。
   
東芝テリー社は、マシンビジョン、医療用画像処理、セキュリティなどの主要な市場セグメントのアプリケーション固有の要件を満たす高性能カメラを開発・製造しており、同社は新製品の16Mp産業用カメラ「DDU1607MG/MC」にXGS 16000を採用しました。DDU1607MG/MCは、DUAL USB3インタフェースという独自技術により、47fps以上で16Mpのモノクロおよびカラーの解像度を実現します。
    
XGS 16000は、独自の1:1の正方形アスペクト比で設計されており、カメラレンズの光学円内の画像キャプチャ領域を最大化し、最適な光感度を確保できます。この設計により、市販のCマウントレンズを使用した29 mm2の業界標準カメラフォーマットに対応しています。これにより、カメラの物理的な大きさに対して、利用可能な視野とセンサ領域を最適に活用できます。
    
オン・セミコンダクターは、新しいカメラの設計を簡素化するために、XGS 16000 X-CubeおよびX-Celerator開発キットのカラー版およびモノラル版を提供しています。このリファレンスデザインのキットには、MIPIインタフェースへの高速変換サンプルが付属しており、一般的なFPGA評価環境に迅速に統合できます。

配信広告
配信広告