Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

Zytronicのシームレスなマルチタッチが、最新型透明OLEDの機能強化に貢献

2020.12.17  12:51 pm

タッチテクノロジーのイノベーターである英ザイトロニック・ディスプレイ(Zytronic Displays Ltd., 本社: 英ニューカッスル)は、開発、システムインテグレーション、ソフトウェアを専門とする独SOLIDSENSE™が、ザイトロニックの特許取得済マルチタッチ投影型静電容量技術(MPCT™)に自社独自のコントロール技術を組み合わせて、オーディオ ビジュアル(AV)市場で比類のない、マルチタッチ式の超薄型でインタラクティブな透明OLED(tOLED)ディスプレイを実現したと発表しました。
これによりSOLIDSENSEは、主要な展示会のデモンストレーション用に印象的なタッチインスタレーションを作成する、という課題を見事に解決しました。
  
多くの場合、光学式タッチテクノロジーは、コストに基づいて、大型AVアプリケーションに採用されています。このような目立ったディスプレイでは、tOLEDを囲むボーダーが見苦しい外観となってしまい、顧客が特に「インビジブル タッチ」に求めるデザイン要求に応えることができません。
そこで、パートナーであるINNOVATUSとPrintec-DSに協力を得て、ユーザーに気づかれず-透明でスーパースリムなディスプレイに「ひそかに」インタラクティブ アップグレードを行うカスタムメイドのタッチソリューションを開発しました。
  
最新のLG社55インチtOLEDに搭載されたザイトロニックのZyBrid®センサは、応答性の高いマルチタッチ機能を追加し、最大100点の同時双方向性(インタラクティブ)タッチポイントを実現します。
ザイトロニックは、ZXY500™コントローラに自社独自のタッチASICの開発に数百万ドルの投資をしました。その結果、このアプリケーションではタッチセンサとディスプレイの間にエアギャップなどが一切生じないように、tOLEDの表面ガラスに直接かつ目に見えないように接合することに成功しました。
これにより視差を無くし、正確なタッチ操作を確保し、さらにこのアプリケーションに重要であるウルトラスリムなtOLED に劣らないほど超薄のスタイリッシュなフレームレスデザインを提供しています。
  
Radiant Touch™インタラクティブ透明ディスプレイは心を掴むようなAV体験を提供し、プレミアムブランドのプロモーションや一流の会場での使用に理想的です。
  
展示会のデモ
https://www.youtube.com/watch?v=uBG1KZrzdkA

配信広告
配信広告