Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

キーサイトの5G インフラ検証機器、シスコの5Gショーケースで採用

2020.12.10  3:18 pm

キーサイト・テクノロジー株式会社は、当社の5Gインフラ検証機器がシスコシステムズ合同会社(東京都港区)の5Gショーケースで採用されたことを発表しました。
  
5Gによる爆発的なトラフィックの増加は、製造、運輸、医療、公益事業などのさまざまな業界をまたがりサポートするオペレーターネットワークやデータセンターで、帯域幅に対するかつてない需要を生み出し、ビジネス変革をもたらしています。
5Gエコシステムでは、5Gの利点である高速大容量ブロードバンド(eMBB)、超信頼性の高い低遅延通信(uRLLC)、大規模マシンタイプ通信(mMTC)などを活用したAR/VR、人工知能(AI)、自動運転、スマートシティ、コネクテッドヘルスなどの先進的なユースケースをサポートするイノベーションに取り組んでいます。
  
シスコは、あらゆる業界のお客様やパートナーと協力して、デジタルトランスフォーメーションの推進を支援し、5Gの積極的な活用方法を創造・提案する「5Gショーケース」を開設したことを発表しました。同ショーケースでは、通信事業者、企業、公共機関、エコパートナー、業界アプリケーションとのオープンな共同イノベーション環境を提供し、エンドツーエンドの環境下でアプリケーション開発とテストを実施します。
  
シスコ 5Gショーケースについて
シスコは、5Gショーケースにおけるエンドツーエンドの5Gインフラストラクチャ検証機能を強化するために、Keysightの業界初となる高密度AresOne 400 Gテストプラットフォームに加え、L 2-3ネットワークインフラストラクチャ検証ソリューションであるIxNetworkを採用しました。
Keysightのソリューションにより、業界をリードするデータセンター スイッチであるCisco Nexus 9000だけでなく、10.8テラビットから260テラビットまでのトラフィック・スループットとキャリア・グレードのルーティングをサポートする次世代の400 GルータであるCisco 8000シリーズを検証し、サービスプロバイダーが5Gネットワークインフラストラクチャを構築するのに役立ちます。
さらに、キーサイトのIxNetwork Segment Routing Test Solutionは、SDN(Software Defined Networking) トランスポート上で差別化された5Gサービスのパフォーマンスとサービス品質をサポートするために、適切なネットワークスライシング技術の選択と検証を支援します。
また、将来的には5G RANトランスポートネットワークインフラストラクチャを検証するために、キーサイトのNovus-S 10/25 GE SFP 28モジュールを組み合わせることで、複数のインターフェース速度、タイムセンシティブネットワーキング (TSN) 機能、および大規模なコントロールとデータプレーントラフィックを提供できるようになります。
  
  
キーサイト・テクノロジー株式会社 取締役社長であるチエ ジュンは次のように述べています。
「キーサイトは通信ネットワーク全体をカバーする計測ソリューションを業界に先駆けて提供することを使命とし、市場をリードするシスコと共に急拡大するネットワークの技術革新を推進してまいりました。シスコ、およびパートナー各社と今後も一層の連携強化を行い、日本における5Gの積極的な活用がより一層加速されるよう貢献してまいります。」
  
  
<シスコ 5G ショーケース>
所在地: 〒107-6227 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー

配信広告
配信広告