Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

アナログ・デバイセズがA2B®技術を利用した全機能内蔵型オーディオ・システム発表

2020.9.9  12:51 pm

アナログ・デバイセズがA2B®技術を利用した全機能内蔵型オーディオ・システム発表

アナログ・デバイセズ社は、オーディオFXプロセッサ、マルチチャンネル・オーディオ・システム、MIDIシンセサイザや他のDSPベースのオーディオ・システムなど、各種デジタル・オーディオ・デバイスの製造に使用できる、SHARC®オーディオ・モジュール(SAM)を搭載した全機能内蔵型オーディオ・システムを発表しました。
SAMは2個のSHARC+コアと1個のArm® Cortex®-A5コアを統合したADSP-SC589オーディオ・プロセッサSoCを搭載し、アナログ・デバイセズのA2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)技術を利用します。SHARCオーディオ・モジュール・メイン・ボードに加え、追加機能およびオーディオ・システム拡張用のドーター・ボードも提供されます。
  
メインのボードに直接取り付けられるオーディオ・プロジェクト・フィン・ボードは、MIDI入出力とオーディオ・エフェクト調整用プッシュボタンおよびポテンショメータを備えています。
A2B®アンプ・モジュールは2個の高効率クラスDアンプを搭載し、メインのボード(または接続された他のA2B®ノード)上のPDMマイクロフォンやシリアルTDMソースからツイスト・ペアA2B®バスを介して受信したデジタル・オーディオ・データを出力します。
  
この全機能内蔵型オーディオ・システムは、確定的な低遅延を特長とする高忠実度マルチチャンネル・デジタル・オーディオを提供し、分散オーディオ・システムの完全な同期を実現します。このシステムは、迅速なプロトタイピング、評価プロジェクト、デモンストレーション、教育用アプリケーションに最適です。すぐに使用できるプロトタイプ・システムによって包括的なハードウェア/ソフトウェア・ソリューションを開発でき、迅速な市場投入が可能となります。
  
  
ADZS-SC589-MINIの主な特長
・ADSP-SC589 SHARC浮動小数点プロセッサ
・AD2428低遅延A2B®オーディオ・バス・トランシーバー
・無償のCrossCore® Embedded Studioライセンスとデバッグ用のICE-1000エミュレータ(1145.00ドル)が付属
  
ADZS-AUDIOPROJECTの主な特長
・MIDI 5ピンDIN入力/出力/スルー
・プログラム可能、外部配線可能な4個のプッシュボタン
・SHARCオーディオ・モジュールのハウスキーピングA/Dコンバータ(ADC)に接続される3つのPOT
  
ADZS-AUDIOA2BAMPの主な特長
・ 2個のSSM3582高効率4入力4出力クラスDアンプ
・ AD2428低遅延A2B®オーディオ・バス・トランシーバー
・A2B®を介したカスケード接続により8チャンネルのアンプ出力を提供し、7.1チャンネルなどのスピーカ構成をサポート
  
  
▼関連リンク
・資料のダウンロード、ボードの注文
https://www.analog.com/en/design-center/evaluation-hardware-and-software/evaluation-boards-kits/sharc-audio-module.html
・EngineerZone™オンライン・テクニカル・サポート・コミュニティ
http://ez.analog.com
・A2B®技術に関するビデオの視聴はこちら
https://www.analog.com/en/education/education-library/videos/6122943086001.html

配信広告
配信広告