Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

テレダイン・レクロイがCXL(Compute Express Link)のサポートを発表

2020.2.10  1:06 pm

ホストデバイス間CXLトラッフィクの動作検証が可能に

プロトコルテストソリューションの世界的リーダーであるテレダイン・レクロイ(日本ではテレダイン・ジャパン、代表取締役: 原 直 (はら ただし)) は、本日Summit PCIExpress(PCIe)プロトコル・アナライザにより、新しく発表されたCompute Express Link(CXL)プロトコル解析のサポートオプションを発表しました。これにより開発者は、ホストデバイス間CXLトラッフィクの動作検証が出来ます。

Summit M5xおよびSummit T54システムは、32GT/s PCIeトラフィックを捕捉し、新しく定義されたCXLプロトコルを解析およびデコードできる業界初の高速プロトコル・アナライザです。 テレダイン・レクロイは、DesignCon2020の会場内のブース番号513でCXLプロトコル・アナライザを展示しました。

「テレダイン・レクロイのプロトコル・アナライザおよびエクササイザは、PCI Express開発の最前線にあり、過去10年にわたってコンピューター業界と緊密に連携して、PCIeシステム、ストレージの開発およびテストにかかる時間を短縮するデコード、分析、レポートを提供してきました。」テレダイン・レクロイ プロトコル・ソリューショングループのマーケティング担当副社長であるJoe Mendoriaは次のように述べています。
「テレダイン・レクロイの既存の高速プロトコル解析システムにより、市場で利用可能な最も広範囲な機能にアクセスできます。」

「CXLプロトコルは、高性能アクセラレータの相互接続の先駆者になると予想されます。」と、Intel Corporationのテクノロジ・イニシアチブ・ディレクターであるJim Pappas氏は述べています。
「テレダイン・レクロイやシノプシスなどのベンダによるテストおよびIPソリューションは、CXLエコシステムの堅調な成長を示し、スムーズな移行と迅速な業界採用を可能にします。」

昨年6月のPCI SIG DevConで世界初のPCIe 5.0アナライザーとして昨年に初めて実証されたSummit M5xプロトコル・アナライザと、最大32GT/sの速度および最大4リンク幅でPCIe 5.0をサポートするSummit T54プロトコル・アナライザの両方が、 CXLサポートのためのソフトウェアライセンスを追加することで、簡単にアップグレードできます。
テレダイン・レクロイの他のプロトコル・アナライザと連動させることで、両方のシステムは、階層表示、リアルタイム統計、プロトコル・トラフィックのサマリー表示、詳細なエラーレポート、強力なスクリプト、および開発者が複雑な問題をより迅速にトラブルシューティングできるユーザー定義のテストレポートを作成する機能を備えています。

     
■テレダイン・ジャパン株式会社
https://teledynelecroy.com/japan/

配信広告
配信広告