Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ユーブロックス、BMDポートフォリオに超小型で高性能なBluetooth 5.0モジュールを追加

2019.12.18  4:08 pm

Bluetooth 5.0仕様で過酷な無線環境での通信に適した長距離プロトコルを装備

スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表仲哲周)は、超小型で高性能なBluetooth Low Energy 5.0モジュール、BMD-380を発表しました。セラミック・アンテナを含め7.5×9.5mmのモジュールは、Bluetooth 5.0仕様で、過酷な無線環境での通信に適した長距離プロトコルを備えています。また、IEEE802.15.4(ThreadおよびZigbee)もサポートしています。これによりBMD-380は、産業オートメーション、ヘルスケア、スマートシティー、スマートビルディング/ホーム、およびハイエンド・ウェアラブルのユースケースで高性能を発揮します。

BMD-380は、64MHz Arm® Cortex®-M4マイクロ・コントローラー内蔵のNordic Semiconductor nRF52840システムオンチップ(SoC)を搭載し、浮動小数点ユニット、256kB RAM、1MBフラッシュ・メモリが組み込まれています。さらに、I2C、SPI、QSPI、GPIO、ADC、USBを含む幅広いハードウェア・インターフェース、通信スタックと高度なアプリケーションの両方を搭載できるパワフルさを備えています。また、BMD-380はArm® TrustZ one CryptoCell暗号化ユニットを搭載し、堅牢なIoTエコシステムの構築に必要なセキュリティ機能の実装を容易化します。

高い無線性能を実装するためのスペースが限られ、オンボード・プロセッサをメイン・システムMCUとして使用することでBOMをコントロールしたい場合に、BMD-380モジュールが最善の選択肢となります。

この新しいモジュールは、ユーブロックスのBluetooth Low Energy製品、BMD-3シリーズを拡張します。RF回路、高周波ボード設計、高密度パッケージングに関するユーブロックスの広範な専門知識を活かし、他の製品と同様の高性能をさらに小型のモジュールに実現しました。
BMD-380モジュールは、欧州、米国、カナダ、オーストラリアで認定されています。
エンジニアリング・サンプルの提供開始は2020年第1四半期を予定しています。

  
■ユーブロックスジャパン株式会社
http://www.u-blox.com/ja/

配信広告
配信広告