Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

テレダイン・レクロイ、PAM4 50Gbイーサネットと64Gb ファイバーチャネル対応のプロトコルアナライザ/ジャマーを発表

2019.8.21  5:31 pm

テレダインジャパン

最新高速データセンタの開発を支えるPAM4対応のSierraNet M648

プロトコルテストソリューションの世界的リーダーであるテレダイン・レクロイ(日本ではテレダイン・ジャパン、社長: 原 直 (はら ただし)) は、最新のイーサネット及びファイバーチャネルテストツールSierraNet M648を発表しました。SierraNet M648は先進のアナライザ/ジャマーで、PAM4 50G イーサネットと64G ファイバーチャネルに対応します。

IEEE 802.3cd イーサネットやT11 FC-FS-5(一般的には、Gen7と呼称)ファイバーチャネルなどの高速通信実現は、クラウドシステムやネットワークの設計者/ インテグレータにとって大きな挑戦になります。SierraNet M648アナライザ/ジャマーはあらゆる構成やスピードに効果的に対応し、これらの挑戦者を支援します。

ファイバーチャネル協会会長のChris Lyon氏 は、「新たなファイバーチャネルの成功や規格準拠の製品展開は、適切な測定検証ツールが提供できるかにかっており、テレダイン・レクロイの様なツール提供者に感謝します。」と述べます。

また「ストレージの分野で新たに採用される規格はノイズ耐性が低く複雑で、開発の障壁となっていますが、柔軟性、拡張性を備え持つSierraNet M648の登場でSAN (Storage Area Network) での解析が格段にはかどると期待されます。」とテレダイン・レクロイ プロダクト・マーケティングマネージャー Dave J. Rogers は語ります。

SierraNet M648は、全レイヤに対応するトリガ機能で、多様な事象が考察出来ます。ユニークなプロービング手法はビットレベルでのデータ採取を可能にし、どのようなイーサネット、ファイバーチャネル環境にも適応します。リアルタイムモディフィケーション機能により複雑化した交信をジャミング、加工します。

  
■テレダイン・ジャパン株式会社
 https://teledynelecroy.com/japan/

配信広告
配信広告