Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

STマイクロエレクトロニクスが最新の測位機能を搭載した次世代Bluetooth® SoCを発表

2022.7.29  4:36 pm

STマイクロエレクトロニクスが最新の測位機能を搭載した次世代Bluetooth SoCを発表

STマイクロエレクトロニクスは、第3世代のBluetooth®システム・オン・チップ(SoC)「BlueNRG-LPS」を発表しました。同製品には、位置トラッキングおよびリアルタイム測位アプリケーションに最適なBluetooth(R)の方向検知技術が採用されています。
       
BlueNRG-LPSは、Bluetooth 5.3認証取得済みで、Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)信号の方向を判断し、位置や動作をセンチメートル単位の精度で正確に推定することができます。同製品には、アンテナ・アレイで捕捉した信号から計算されるAoA(Angle of Arrival:受信角度)およびAoD(Angle of Departure:放射角度)など、Bluetooth専用技術が採用されています。これらの機能により、屋内ナビゲーション、ジオ・フェンシング、アセット・マネージメントや、ツール・資産・商品のリアルタイム位置特定など、さまざまなアプリケーションを実現します。
      
また、効率化されたアーキテクチャとI/Oペリフェラル、軽量な最終製品に適したサイズのプログラム・メモリ(内蔵Flashメモリ:192KB)およびデータ・メモリ(SRAM:24KB)を備えています。そのため、汎用ワイヤレス・センサ、医療機器、キーレス・エントリ・システム、リモコン、遠隔スマート・メータなど、コストが重視される量産アプリケーションに最適です。また、高効率降圧コンバータと保護回路を内蔵しているため、部品数の削減に貢献し、きわめて低コストの2層基板設計を実現します。
      
BlueNRG-LPSのアーキテクチャは、最新のBluetooth LE Power Control仕様に対応し、RF出力を1dBm単位で微調整できる(最大+8dBm)ため、バッテリ寿命の延長に貢献します。また、Bluetoothの伝搬損失モニタリングによって無線リンクの品質が向上し、干渉を防ぎます。これにより、密集した場所における機器間インタラクションの改善や、応答時間の高速化に貢献し、より堅牢な接続を実現します。さらに、Bluetooth 5.3の長距離通信機能、2Mbpsの高速データ・レート、定期的なアドバタイジング、同時接続、およびマルチロール仕様のサポートにより、搭載機器において優れたユーザ体験を実現します。専用ハードウェア機能と暗号化IPにより、セキュリティの強化にも貢献します。
     
詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.st.com/content/st_com/ja/products/wireless-connectivity/short-range/bluetooth-low-energy-application-processors/bluenrg-lps.html?icmp=tt27365_gl_pron_jun2022

配信広告
配信広告