Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

STマイクロエレクトロニクスが車載・産業アプリケーション向けに柔軟性に優れた高電圧オペアンプを発表

2022.6.15  4:12 pm

STマイクロエレクトロニクスが車載・産業アプリケーション向けに柔軟性に優れた高電圧オペアンプを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、低消費電力の汎用デュアル・オペアンプ「TSB622」を発表しました。同製品は、車載・産業アプリケーションの堅牢性と設計の柔軟性向上に貢献します。
      
TSB622は、ユニティ・ゲインで安定的に動作し、広い動作温度範囲(-40℃〜125℃)を備えた車載グレードの製品です。電源電圧範囲が2.7V〜36Vと広範なため、同製品を使用してさまざまな電圧仕様を持つ広範なアプリケーションを設計することができます。レール・ツー・レール出力によりダイナミック・レンジが最大化されているとともに、入力オフセット電圧が1mVと低いため、低電圧動作の機器において高精度を実現します。
        
TSB622は、1.7MHzのゲイン帯域幅(GBW)とチャネルあたり最大でも375μAの動作電流(36V電源使用時)を実現しており、消費電力に比べて高速動作が可能です。消費電流が低いため、低消費電力が求められるアプリケーションに最適であるとともに、バッテリ駆動機器の動作時間延長に貢献します。
      
また、HBM(人体モデル)における4kVのESD耐性を備え、EMI(電磁干渉)耐性も強化されているため、産業機器および車載機器における苛酷な使用環境にも対応することができます。
       
TSB622は、SO8およびMiniSO8パッケージで提供され、基板面積とシステム全体の部品コストの削減に貢献します。また、2022年7月までに、車載対応のDFN8ウェッタブル・フランク・パッケージでの提供も開始される予定です。同パッケージは、自動車産業で要求されるはんだ付け強度に対応します。
       
詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.st.com/ja/amplifiers-and-comparators/tsb622.html?icmp=tt26943_gl_pron_may2022

配信広告
配信広告