Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

AUTOSARベース実行時動作分析、Stellar SR6 PおよびSR6 G、AURIX TC3xx、RH850/U2Aの機能強化されたPLS UDE 2022製品販売開始

2022.5.13  4:07 pm

AUTOSARベース実行時動作分析、Stellar SR6 PおよびSR6 G、AURIX TC3xx、RH850/U2Aの機能強化されたPLS UDE 2022製品販売開始

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、AUTOSARベース(ARTIサポート)実行時動作分析、Stellar SR6 PおよびSR6 G、AURIX TC3xx、RH850/U2Aの機能強化されたPLS UDE 2022製品の販売を開始いたします。
      
ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)の新しいメジャーバージョンであるUDE 2022は、AUTOSARランタイムインターフェイス(ARTI)のサポートやその他の最適化されたツールの詳細など、まったく新しいシステム機能を提供します。
        
UDE 2022の新しく追加された機能は、特に自動車アプリケーションの開発をさらに効率的にし、さらに高いソフトウェア品質を実現するように設計されています。たとえば、ARTIのサポートにより、AUTOSARベースのシステムの実行時の動作を詳細に分析できます。
       
ARTIは、ビルド・ツールとデバッグ・ツールおよびトレース・ツールの間の包括的で標準化されたインターフェースを定義し、詳細なデバッグ情報に加えて、オペレーティング・システム・タスクとその実行可能ファイルの詳細なランタイム測定および分析のためのモデルも提供します。これには、単純なタイミング測定だけでなく、タスク、実行可能ファイル、割り込みサービスルーチンの可能な状態も含まれます。
     
UDE 2022は、ビルドプロセス中に生成されたARTIファイル(arxml)を使用して、関連するすべてのデバッグ情報を適切な方法で表示します。PLSは、包括的なトレースベースのランタイム分析と時間測定のために、AUTOSARアプリケーションまたはそれぞれのオペレーティングシステムにいわゆるフックを実装するために使用できる標準準拠のツールであるArtiHookGeneratorを開発者に提供します。
これらのフックの助けを借りて、UDE 2022はイベントトレースを記録し、分析し、実行シーケンスチャートで視覚化することができます。記録されたトレースデータは、ASAM MDF(測定データ形式)またはBTF(ベストトレース形式)としてエクスポートし、その後タイミングツールで処理することができます。
      
ランタイム分析および視覚化機能も、AUTOSAR環境外のアプリケーション向けにさらに最適化されています。たとえば、実行シーケンスチャートには、視覚化された関数の現在の状態に関する詳細情報が含まれるようになりました。これにより、関数が実行されているのか、中断されたばかりなのか、スタック上にあるのか、問題の時点で実行されていないのかを簡単に確認できます。スタックの深さを表示するために、視覚化は棒グラフからグラフに変更され、より明確に表現されます。
     
さらに、UDE 2022のユーザーは、いくつかの強化された操作機能の恩恵を受けます。たとえば、カーソルキーまたはメニューから、選択した関数の次または前の実行に簡単に移動できるようになりました。このオプションは、ユーザーが時間的に遠く離れた特定の関数の実行に関心がある場合に特に役立ちます。新しい自動時間ズーム機能により、チャートに記録された時間範囲全体を素早く表示できます。データのエクスポートも強化され、サードパーティのツールに組み込むことができます。BTFやASAM MDFなどのさまざまなエクスポート形式により、さまざまなベンダーのタイミングツールで記録されたトレースデータをさらに使用できます。
     
UDEのコアレジスタウィンドウが完全に改訂されました。ユーザーの好みに応じて、クラシックビューと階層レイアウトを切り替えられるようになりました。以前と同様に、アーキテクチャに応じて、バンクレジスタを表示することができます。ただし、コンパクトな表形式ビューも利用可能になり、オプションで切り替えることができます。すべての銀行登録簿の完全なビューが一目でわかります。
       
C++のサポートもUDE 2022でさらに最適化されています。たとえば、クラス、メソッド、メンバーなどのシンボル名が、テンプレート定義と名前空間を考慮してシンボルブラウザに表示されるようになりました。
       
UDE 2022の広範なデバッグ機能は、さまざまなメーカーの新しいハイエンドマイクロコントローラで利用できます。
たとえば、TDA4VM、DRA829、DRA821デバイスでは、テキサス・インスツルメンツのArm Cortex-A72ベースのJacintoファミリが初めてサポートされます。また、ルネサスエレクトロニクスのRH850デバイスファミリのサポートも、RH850/U2Aの搭載により拡張されました。NXPセミコンダクターズのS32車載プラットフォームの最新コントローラとインフィニオンのAURIXマルチコアMCUも、UDE 2022のユニークな機能セットの恩恵を受けています。
たとえば、新しいAURIX TC4xファミリのマルチコア・デバッグの場合、UDE 2022は実際のハードウェアだけでなく、シノプシスのバーチャル・ソリューションやUDEの命令セット・シミュレータTSIMの仮想プロトタイプでもソフトウェア・テストとデバッグを可能にします。
また、シノプシスのARC EVコアのサポートも新しく、AURI X TC4xのパラレル・プロセッシング・ユニット(PPU)に使用されています。インフィニオンのAURIX TC3xxコントローラを使用した開発では、UDE 2022でXC800ベースのSCRスタンバイコントローラのデバッグも可能になりました。このために、ツールはオプションで、SCR の個別のDAPインターフェイスをデバッグチャネルとして使用するか、TC3xxのDAPインターフェイスを使用します。AURIXマイクロコントローラのSCRとメインコアは、共通のUDEデバッガインスタンス内で実行できます。
      
解析機能も大幅に拡張されており、特にSTマイクロエレクトロニクスのStellar SR6PおよびSR6 GファミリのマルチコアSoCに実装された最新世代のArm CoreSightトレース・ユニットETMv4では、大幅に拡張されています。とりわけ、オプションでアクティブ化できる追加のプロセスステップにより、記録されたデータアクセスを対応するロード/ストア命令に関連付けることができます。
      
・PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、NXPセミコンダクターズ、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。
      
ポジティブワン株式会社
https://www.positive-one.com/

配信広告
配信広告