Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ポジティブワンが宇宙機(衛星)搭載コンポ-ネント間のデータ通信に通信規格対応SpaceWire FPGA IPコア販売開始

2022.2.22  5:00 pm

ポジティブワン株式会社(本社・東京都渋谷区)は、スペイン北部バスク地方自治コミュニティ・ビスケー州エランディオに本社を置くSoC-e社(System-on-Chip engineering, S.L.)の宇宙機(衛星)搭載コンポ-ネント間のデータ通信を行うための通信規格対応SpaceWire FPGA IPソリューションの販売を開始いたします。

SpaceWireプロトコルは、宇宙機(衛星)搭載コンポ-ネント間で使用する高速リンクおよびネットワークの標準であり、センサー、マスメモリ、処理装置、およびダウンリンクテレメトリサブシステムの相互接続を容易にします。これは、全二重、双方向、シリアル、ポイントツーポイントのデータリンクです。各方向に2つの差動ペアを使用してデータをエンコードします。これは、各方向に4つずつ、合計8本の信号線です。SpaceWireRDDPは、宇宙船システム、バスシステム、組み込みマイクロコントローラーなどの多くの航空宇宙マイクロエレクトロニクスデバイスに適用できます。宇宙船通信ネットワークのこの標準のこの進化は、 NASA、 JAXA、および RKAを含む国際宇宙機関と協力して欧州宇宙機関 (ESA) によって調整されます。
       
Space Wire IP Coreは、FPGAおよび再構成可能なSoCデバイス用に合成可能なAXI管理インターフェイスを備えた完全で信頼性が高く高速なSpaceWireエンコーダデコーダを実装するVHDLコアです。
        
このIPコアは、「宛先アドレス」がなくても、ポイントツーポイントリンクでパケットレベルまで動作できます。ECSS-E-ST-50-12Cに準拠するように設計されています。Space Wire IPは、汎用モードと高速モードの2つの実装モードをサポートしており、送信機はシステムクロック周波数の最大5倍のビットレートをサポートするように設計されています。
       
・Space Wire IPは、次のザイリンクスFPGAファミリでサポート

  • 7シリーズ(Zynq、Spartan、Artix、Kintex、Virtex)
  • ウルトラスケール(Kintex、Virtex)
  • Ultrascale +(Zynq MPSoC、Kintex、Virtex)
  • XQRファミリ(スペースグレードFPGA):Virtex-5QV

・SpaceWire_GUI
Space Wire IPは、新しいザイリンクスVivadoツールを利用してFPGAデザインにシームレスに統合されるように設計されています。 これにより、グラフィカルユーザーインターフェイスでIPコアを使用し、IPパラメーターを簡単に構成できます。
      
・Space Wire IPコアの主な機能:
データインターフェース

  • システムクロック周波数のx4までのRxビットレート
  • 100MHz~625MHzの送信クロック周波数
  • 個別のクロックドメイン
  • FIFO構成
完全に構成可能な送信FIFO深度:64バイトから16384バイト
完全に構成可能なRxFIFO深度:64バイトから16384バイト
インターフェース
  • AXI-ストリーム(データ)
  • AXI-4 Lite(構成および管理)
・パフォーマンス
最大200Mbpsのリンク速度
Space Wire IP Coreは、SoC-eのSMART ciaボードでサポートできます。これは、宇宙環境で使用するように設計されたプラットフォームであり、現在の規制によって確立された要件を満たしています。

ポジティブワン株式会社
https://www.positive-one.com

配信広告
配信広告