Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ポジティブワンがインフィニオン社製AURIX TC4xファミリ対応ツールPLS UDE販売開始

2022.1.28  3:55 pm

開発デバッグ、テスト、システム解析が可能

ポジティブワン株式会社は、インフィニオン・テクノロジー製AURIX TC4x ファミリ対応、開発デバッグ、テスト、およびシステム解析ツールが可能なPLS UDEの販売を開始いたします。

ポジティブワンがインフィニオン社製AURIX TC4xファミリ対応ツールPLS UDE販売開始

ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)PLSの最新バージョンでは、さらに、インフィニオン・テクノロジーから最新世代のAURIXマイクロコントローラの包括的な分析、テスト、デバッグ機能をシステム開発者に提供しています。
    
28nmテクノロジーで製造されたTC4xファミリの高度に統合されたマルチコアSoCは、eモビリティ、ADAS、AIアプリケーションなどの幅広い自動車アプリケーションに対応し、ドメインおよびゾーン制御の分野における非常に複雑な課題をマスターします。同時に、自動運転に関する最も高い安全要件を満たします。
次世代TriCorev1.8アーキテクチャ、特別なサイバーセキュリティリアルタイムモジュール(CSRM)、および高性能アプリケーション向けのその他の新しい機能強化に基づく最大6つの強力なメインコアで構成されています。新しい導入には、(強化された)汎用タイマーモジュール(GTM/eGTM)とAURIXアクセラレータスイート要素(アナログデジタルコンバータ(ADC)のコンバータDSP(cDSP)、並列処理ユニット(PPU)が含まれます。この強力な加速器は、複雑な異種システムの数学的モデリングを可能にするシノプシスARC EVアーキテクチャに基づいています。
     
直感的で特にユーザーフレンドリーなユーザーインターフェイスを介して、UDEは、開発者が簡単にすべてのTriCorev1.8とそれぞれのTC4x SoCの特別なコアにアクセスすることができます。
このツールを使用すると、デバッグ、テスト、およびひとつのデバッガーインスタンス内での詳細なシステム分析を行うためのすべてのコアを制御できます。したがって、PPUやGTMのシノプシスARCなど、異なるコアアーキテクチャ用の個別のデバッガーインスタンスを開く必要はありません。
現在、UDEは C/C++とアセンブリコードのデバッグを可能にし、すべての主要なコンパイラ、特にHighTec、Synopsys、およびタスクのコンパイラをサポートしています。PPU コードに対するシノプシスメタウェアOpenCL Cコンパイラのサポートは準備中です。UDE内でSCRMをデバッグするために、PLSは対応する拡張パッケージも提供します。
     
TC4xで実行されるアプリケーションのパーティション分割に応じて、コアはすべてまとめて、グループで、または従来の実行モードデバッグ(ブレークポイントまたはシングルステップ操作によって)によって個別に制御できます。UDEは、チップ独自のデバッグロジックを利用することで、特定のコアの開始と停止をほぼ同期的に実行できます。マルチコアブレークポイントは、複雑なアプリケーションのデバッグも簡単にします。特定のコードを現在どのコアが実行している場合でも、マルチコアブレークポイントは常に有効です。
     
最高レベルの効率を保証するために、UDEユーザーインターフェイスは、それぞれのユーザーの好みや現在のデバッグまたはテストタスクの特定の要求に非常に柔軟に適応させることができます。ソース コード、変数、レジスタ、またはグラフィカルな視覚化などの内部状態を表示するすべてのデバッガー ウィンドウは、完全に柔軟な方法で、UDE インターフェイス内の複数のモニターに配置、グループ化、または分散できます。
また、パースペクティブでは、デバッガセッション内で複数のビューを定義し、それらのビューを切り替えることができます。
このオプションは、特定のデバッグ タスク(マルチコア デバッグなど)に重点を置く場合、開発者がコアの動作を詳細に分析する場合、またはプロファイリングを使用したパフォーマンス測定に非常に役立ちます。パースペクティブは自由に作成でき、デバッガウィンドウは制限なく挿入および配置できます。
      
市場投入までの時間を短縮するために、UDEは既にシリコン前の開発に使用できます。このため、UDEは、AURIX用のシノプシス・ビタリザライザー開発キットで作成された仮想プロトタイプTM TC4xでのソフトウェアテストおよびデバッグをサポートします。
これにより、TC4xデバイスのフルシステムシミュレーションが可能になります。トライコアのソフトウェアのデバッグ用TM v1.8コア、UDEには、命令セットシミュレータTSIMも含まれています。
     
今年後半には、UDEはオンチップと外部トレースもサポートします。そして、トレースタスクの柔軟な定義のためにすでに広く使用されているユニバーサルエミュレーションコンフィギュレータ(UEC)もTC4xで利用可能になります。
さらにPLSは、ユニバーサルアクセスデバイスファミリのUAD2nextおよびUAD3+デバイス用の新しいAURIXTMのシリアル高速トレースインタフェースに適応します。
     
・PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH社とは
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)社は、ドイツ・ラウタに本社を置く、組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。
     
ポジティブワン株式会社
http://www.positive-one.com

配信広告
配信広告