Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ポジティブワンがインテル製FPGA搭載Achilles Arria10システムオンモジュール販売

2022.1.18  3:15 pm

豊富なFMCコネクタ、ハイエンドな通信インタフェースを装備

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、インテル製FPGA搭載Achilles Arria10システムオンモジュールの販売を開始いたします。
      
Arria10 SoC SOMは、インテル製 Arria10 SoC FPGAに基づいており、FPGA、メモリ、またはコネクタのニーズに応じて3つの異なるバージョンで利用できます。ARMデュアルコアCortex-A9 MPCoreと高度な低消費電力FPGAロジック要素の最大660KLを備えたArria10 SoCは、CPUの柔軟性とプログラミングの容易さと、FPGAの設定と並列処理能力を兼ね備えています。

インテル製Arria 10 SoCファミリは、デュアルコアARM Cortex-A9 MPCore、強化された浮動小数点可変精密デジタル信号処理(DSP)ブロック、高速トランシーバおよびオンチップメモリを統合しています。ニーズに応じて、REFLEX CES製Arria10 SoC SoMは、多数の様々なインターフェイスを提供しています。
      
Arria10 SoC SoMは、DDR4メモリ、I2CおよびUSBリンクのいくつかのバンク、FMCコネクタ(LVDS/シングル エンド IOが多数あり)、JTAG 接続、CPU、周辺機器、スイッチ、イーサネット インターフェイスなどの主要なインターフェイスを提供します。また、お客様のアプリケーションキャリアボードを開発するための適切な設計ルールをボードに提供します(お客様の仕様に基づいて開発することもできます)。オンラインのテクニカルサポート、回路図、およびいくつかのコンプライアンスを要求に応じて提供します。
     
Arria 10 SoC FPGAは、従来世代よりも2倍の密度で基板スペースを節約する半導体です。これは、低エネルギーと低消費電力につながります。したがって、システムオンモジュールは、生産性のために設計されているため、組み込みおよび産業市場に最適です。
      
小型で強力なFPGAにより、組み込みおよび産業市場に最適です。システムオンチップ(SoC)(FPGA内部の集積回路、ほとんどの場合、CPUプロセッサ(中央処理ユニット))のおかげで、FPGAはボード上のより良い制御を持っています。対象市場は、自動車、ビデオ放送、マシン、インテリジェントビジョン、産業、軍事、テスト&計測、医療と同様に広い範囲です。
また、REFLEX CES Arria10 SoC SOMのどれかと互換性のあるオプションの追加製品としてPCIeキャリアボードを提供するか、カスタムキャリアボードの設計を提案することができます。

Achilles Arria10システムオンモジュールの概要
インテルArria10(SX 270または660 KLE)

  • PCIe GEN3 x8
  • 228 SE入出力合計 (113 LVDS)
  • 24のトランシーバまで10Gbps
  • 2x DDR4 バンク最大 2400MT/s
  • eMMC 32GBもしくは8GB
  • 86mm x 95mm

Achilles Arria10システムオンモジュールの3つのシリーズ

  • インテルArria10(SX 270または660 KLE)
  • PCIe GEN3 x8
  • 228 SE入出力合計 (113 LVDS)
  • 24のトランシーバまで10Gbps
  • 2x DDR4 バンク最大 2400MT/s
  • eMMC 32GBもしくは8GB
  • 86mm x 95mm

ハイエンドな通信機能

  • HPS 上の 2 ギガビット イーサネット RGMII
  • サイプレスFX3スーパースピードコントローラを使用したUSB 3.0
  • HPS に接続された USB 2.0 ホスト/デバイス OTG サポート
  • HPS、EEPROM、センサー温度に接続されたI2Cリンクサポート
  • UART はシステム コントローラと HPS に接続

豊富なFMCコネクタ対応
左上ハイパイントカウント(HPC)

  • 80 LVDS ペア(1.25Gbps)または 160 シングルエンド LVCMOS1.8V
  • 10 シリアルトランシーバーチャネル(RX および TX)@7Gbps
  • パワーサプリーズ出力: +12/+3.3V/1.8V/ +VADJ = +1.8V

右上低ピン数(LPC)

  • 33 LVDS ペア(1.25Gbps)または68シングルエンドLVCMOS1.8V
  • 10シリアルトランシーバーチャンネル(RXおよびTX)@7Gbps
  • パワーサプリーズ出力:+12/+3.3V/1.8V/ +VADJ = +1.8V

左下ハイパイントカウント(HPC)

  • 80 LVDS ペア(1.25Gbps)または 160 シングルエンド LVCMOS 1.8V
  • 10 シリアルトランシーバチャネル(RXおよびTX)@7Gbps

下右下低ピン数(LPC)

  • 33 LVDS ペア(1.25Gbps)または68シングルエンドLVCMOS 1.8V
  • パワーサプリ+12
  • ハードプロセッシングARMペリフェラルI/O(GbE、USB2.0、I⊃2;C、UART)FPGA
  • 周辺機器I/O(GPIF II= USB3.0)
  • 4 シリアル トランシーバ チャネル(RX およびTX)@10Gbps 10 シリアル トランシーバ チャネル(RX および TX)@7Gbps

FGPA構成

  • オンボード JTAG 構成回路により、USB 経由の構成を有効にする
  • 512Mb クアッド SPI フラッシュリモート アップグレードおよびフェールセーフ構成

対象市場:
ライフサイエンス機器、組み込み産業、印刷機、レーダーシステム

・REFLEX CES社について
2000年以来、REFLEX CES社は高密度FPGAと組込みプロセッサをベースにした高速ボードと堅牢なシステムソリューションの設計と製造を行ってきました。最先端のFPGA技術に関する豊富な経験を持ち、常に市場とトレンドの最前線にいます。REFLEX CES社は80人以上の従業員を雇用し、フランス(パリ)に拠点を置いています。高度なスキルを持つエンジニアのR&Dチームは、ハードウェア、ファームウェア、ソフトウェア、メカニクス、CAD、シグナルの完全性に関する専門知識により、中堅から高度に複雑なボードとシステムの設計に注力しています。「France Relance(フランス再興)」計画を通じてフランス政府によってサポートされています。
      
ポジティブワン株式会社
https://www.positive-one.com

配信広告
配信広告