Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

インフィニオンがEmbedded Wizard StudioでPSoC™ 6 MCUのツールとグラフィカル サポートを拡充

2021.11.26  3:43 pm

インフィニオン テクノロジーズは本日、Embedded Wizardのグラフィックス ライブラリとスタジオ ツールを使用して、PSoC™ 6ファミリー マイクロコントローラー (MCU) での設計を強化したことを発表しました。Embedded Wizard Graphics EngineはModusToolbox™と互換性があり、CY8CKIT-062S2-43012開発キット上で動作し、完全なユーザー ガイドが提供され、Embedded Wizard Studioをサポートしています。PSoC™ 6の設計者は、より小さなメモリ フットプリントでハードウェアに簡単に展開できるグラフィック インターフェース (GUI) により、ウェアラブルや白物家電向けの音声およびグラフィック制御などの設計が可能になり、ユーザー エクスペリエンスの向上に貢献します。

インフィニオンがEmbedded Wizard StudioでPSoC™ 6 MCUのツールとグラフィカル サポートを拡充
Embedded Wizardのグラフィック インターフェース (GUI)

インフィニオンのプリンシパル ソフトウェア プロダクト マーケティング マネージャーであるダニー ワトソン (Danny Watson) は、「Embedded Wizardにより、PSoC™ 6 MCUを使用したアプリケーション開発で高性能グラフィックを実現するソフトウェア ツールをより多く利用できるようになりました。当社のPSoC™ 6ファミリーは、使いやすく低消費電力のIoTアプリケーションを実現し、バッテリー駆動のアプリケーションにユニークなユーザー エクスペリエンスを提供できるようにします。PSoC™ 6ファミリーでEmbedded Wizardツール スイートを提供できることを嬉しく思います」と述べています。
     
Embedded WizardはTARA Systems社の組み込みGUI技術で、設計者がリソースに制約のあるMCU上で、プラットフォームに依存しない高性能なGUIを作成することを可能にします。Embedded Wizardを使うことで、設計者は手持ちのツールを使って新しいグラフィック インターフェースを生成し、PSoC™ 6 MCUに展開することができます。さらに、設計者は既存のグラフィカルなデモンストレーションをPSoC™ハードウェア上で実行することも可能です。
      
・インフィニオンのPSoC™ 6 MCUについて
PSoC™ 6アーキテクチャは、超低消費電力の40nmプロセス技術で構築されており、低消費電力設計技術を活用して、安全性の高いウェアラブル製品のバッテリー寿命を最大1週間まで延長します。デュアルコアのArm® Cortex®-M4またはCortex®-M0+アーキテクチャを選択することで、設計者は消費電力と性能を同時に最適化することができます。また、PSoC™ 6に搭載されているソフトウェア定義のペリフェラルを利用することで、カスタムのアナログフロントエンド (AFE) や、電子インクディスプレイなどの革新的なシステムコンポーネント用のデジタル インターフェースを開発することができます。また、PSoC™ 6 MCUは、業界をリードするインフィニオンの最新世代のCAPSENSE™静電容量センシング技術を搭載しており、堅牢性と信頼性に優れた最新のタッチおよびジェスチャー ベースのインターフェースを実現します。
    
・供給体制について
ダウンロードが可能なEmbedded Wizardソフトウェアは、完全なユーザーガイドとツールのサポートを備えたCY8CKIT-062S2-43012ソフトウェア開発キットで利用可能です。
https://community.infineon.com/t5/ModusToolbox-Blog/bg-p/ModusToolbox

配信広告
配信広告