Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

インフィニオンが車載用高精度コアレス電流センサー「XENSIV™ TLE4972」を発表

2021.11.1  4:04 pm

インフィニオンが車載用高精度コアレス電流センサー「XENSIV™ TLE4972」を発表

(独インフィニオン テクノロジーズ社が10月27日付けで発表した資料の日本語訳)
インフィニオン テクノロジーズは本日、初の車載用電流センサーとして新しく XENSIV™ TLE4972を発表しました。このコアレス電流センサーはインフィニオンの実績あるホール効果技術を使用しており、高精度で安定した電流測定を実現します。コンパクトなデザインと診断モードを備えたTLE4972は、ハイブリッドカーや電気自動車に使用されるトラクション インバーターなどのxEVアプリケーションや、バッテリー メイン スイッチに最適です。

インフィニオンが車載用高精度コアレス電流センサー「XENSIV™ TLE4972」を発表
インフィニオンが車載用高精度コアレス電流センサー「XENSIV™ TLE4972」を発表
インフィニオン XENSIV™ TLE4972-AE35D5(上)とTLE4972-AE35S5

TLE4972は、独自の温度補償と応力補償により、磁気コアによる悪影響を受けずに最先端のセンシングを実現します。また、差動センシングを採用しているため、浮遊磁界からセンサーを保護するためのコアやシールドを必要としません。また、内蔵されたEEPROMにより、さまざまな用途に合わせてセンサーをカスタマイズすることができ、最大2 kAまでの測定範囲をサポートします。
      
このセンサーは、システム保護用に過電流検出用の2つの独立した出力ピンを備えており、標準的な応答時間は1 µs未満です。開発者は、過電流制限だけでなく感度もプログラムすることができ、センサーをシステム要件に適合させることが可能です。また、感度とオフセットの温度によるドリフトは1.6%以下です。
      
このセンサーは、磁気検出方式により、非常に低い電力損失を実現しています。そのため、400 Vや800 Vのバッテリー メイン スイッチにおいて、汎用性の高い冗長性のあるソリューションとして使用することができます。また、小型のPG-VSON-6パッケージを採用しているためコンパクトな設計が可能となり、トラクション インバーターに最適なデバイスです。さらに、PG-TDSO-16パッケージのオプションも提供します。両デバイスはISO 26262に準拠したSEooC (Safety Element out of Context) として開発されており、ASIL Bまでの機能安全要件に対応します。

配信広告
配信広告