Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

インフィニオンがCIRRENT™ Cloud IDサービスによりIoTデバイスのクラウド接続へのセキュア認証を簡素化

2021.10.28  3:17 pm

インフィニオンがCIRRENT™ Cloud IDサービスによりIoTデバイスのクラウド接続へのセキュア認証を簡素化

(独インフィニオン テクノロジーズ社が10月21日付けで発表した資料の日本語訳)
インフィニオン テクノロジーズは本日、クラウド証明書のプロビジョニングとIoTデバイスのクラウド接続への認証を自動化するサービスとしてCIRRENT™ Cloud IDの提供を開始したことを発表しました。使いやすいこのサービスは、信頼の連鎖 (Chain of Trust) を拡張し、チップからクラウドまでさまざまなタスクをより簡単かつ安全にするとともに、システムの総所有コスト (TCO) 削減を可能にします。Cloud IDは、インダストリアルや民生、ヘルスケア、医療などの電子機器および製造業で使用されるクラウド接続製品に最適です。
    
インフィニオンのソフトウェア&エコシステム担当ヴァイス プレジデントのロブ コナント (Rob Conant) は、「IoT製品メーカーは、製造、セキュリティ、プロビジョニングを簡素化することに長年苦労してきました。Cloud IDは、インフィニオンの組み込みセキュリティにおける強力な機能をベースに、CIRRENT™クラウド サービスと組み合わせることで、信頼の連鎖をチップからクラウドへと拡張し、製造、セキュリティ、プロビジョニングの問題に独自の方法で取り組んでいます。私たちは、お客様がセキュリティに妥協することなく、コスト、時間、人的リソースを削減できるよう支援します」と述べています。
      
これまでIoTデバイスを製造する企業は、ITの複雑さとセキュリティのトレードオフという課題に直面していました。製造ラインにハードウェア セキュリティ モジュール (HSM) を設置し、安全なITプロセスを必要とする複雑で高価なソリューションか、あるいは、実装は容易で安価ではあるがセキュリティ上重要な機能が欠落しているシンプルなソリューションかを選択する必要がありました。インフィニオンのCloud IDは、クラウド ベースの証明書配信メカニズムで暗号化セキュリティを提供して製造プロセスを簡素化することで、このようなパラダイムを打破します。

Cloud IDは、従来のアプローチと比較して以下のような複数のメリットを提供します。
  • 複雑なITシステムやプロセスを必要とせず、個々の証明書を保有する能力を維持しながら製造プロセスを簡素化
  • 複雑なインフラを必要とせずにインフィニオンの信頼性に優れたセキュリティと強固なX.509証明書を活用した非対称キー セキュリティを提供
  • クラウドへの自動プロビジョニング機能を搭載することで、ユーザーはプライベート クラウド、パブリック クラウド、またはAWS IoT Coreとのクラウド間接続とプロビジョニングを設定可能
  • 登録とプロビジョニングを監視、追跡、監査する機能をユーザーに提供
  • HSMのNREや運用コストを代替することで総所有コストを低減

・Cloud IDの仕組みについて
Cloud IDは容易に設定が可能です。ユーザーは無償のCIRRENT™アカウントを設定し、CIRRENT™ Cloud ID Serviceと自社製品のクラウド間接続を設定します。X.509証明書を含むCloud ID対応のバッチ チップが製造現場に届けられ、技術者がスマートフォンを使って登録します。X.509証明書は自動的に製品クラウドにプロビジョニングされます。ユーザーはCIRRENT™コンソールにログインして、証明書のダウンロード、登録とプロビジョニングの監査と追跡を行うことができます。

配信広告
配信広告