Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

Microchipが拡張温度に対応した車載向け高精度低ドリフト電圧リファレンスを発表

2021.10.8  1:48 pm

Microchipが」拡張温度に対応した車載向け高精度低ドリフト電圧リファレンスを発表

車載および産業用拡張温度仕様の電圧リファレンスは低ドリフト、高信頼性、高性能である事が必要です。
Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町)は本日、これらの要件を低コストで満たす高精度の電圧リファレンス(参照電圧生成器)であるMCP1502を発表しました。MCP1502は最大温度係数7 ppmでAEC-Q100 Grade 1(動作温度レンジ:-40~+125℃)認定済みです。
    
「Microchip社は電圧リファレンスに求められている主要な4つの側面、すなわち高信頼性、小型パッケージ、高性能、低コストを同時に実現した製品を開発しました」とMicrochip社のミクストシグナルおよびリニアデバイス部門担当副社長Fanie Duvenhageは述べています。「過酷環境における信頼性が必要な車載および航空宇宙産業の応用において、同じ価格帯でこれらの特長を同時に実現する製品は他にないでしょう。」
    
MCP1502は、発売以来5年以上市場で実証済みのMCP1501と同じアーキテクチャを採用しています。小型6ピンSOT-23パッケージのMCP1502は高い信頼性を必要とする産業、車載、航空宇宙の幅広い応用において理想的です。MCP1501とMCP1502はMicrochip社のマイクロコントローラ、A/Dコンバータ、D/Aコンバータ製品のコンパニオン チップとして理想的であり、安定度/精度/再現性が高いデータ変換が必要な、幅広い応用向けに選択可能な電圧オプションで提供しています。MCP1502は最も一般的な1~4 Vの電圧で提供します。
   
      
Microchip社ウェブサイト
https://www.microchip.com/

配信広告
配信広告