Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

STマイクロエレクトロニクスが革新的なアプリケーションを実現する8×8のマルチゾーン対応ToF測距センサ発表

2021.9.15  3:48 pm

STマイクロエレクトロニクスが革新的なアプリケーションを実現する8×8のマルチゾーン対応ToF測距センサ発表

STマイクロエレクトロニクスは、初のマルチゾーン対応FlightSense™ ToF(Time-of-Flight)測距センサ「VL53L5CX」を発表しました。同製品は、コンスーマおよび産業機器向けの幅広いアプリケーションに高度な測距技術を提供します。
    
VL53L5CXは、最大64ゾーンの測距が可能で、マルチターゲット検出や、各ゾーンで最大4メートルの測距範囲、および対角63°の広い視野角を実現しています。ジェスチャ認識やロボット用の屋内3Dマッピングなどの複雑な空間解析、在庫管理をサポートする貯蔵タンクのレベル検出、液面制御、高効率でスマートなゴミ収集を可能にするゴミ箱のレベル検出などに最適です。
    
また、ジェスチャ認識と自動人体検知にも応用可能で、セルフサービス型決済端末や、コンスーマ機器、生活家電などにおいて安全な非接触操作を実現すると共に、起動用に使用することで大幅な低消費電力化に貢献します。STの実績あるヒストグラム処理を搭載しており、カバーガラスによるクロストークの影響を大幅に低減できるため、さまざまな種類のフロント・パネルに簡単に内蔵することができます。さらに、新しく採用された革新的なモーション・インジケータ機能により、対象物が動作したかどうかを検出することもできます。
    
センサ・アレイの数はプログラム可能で、高速測距モードで最大60フレーム/秒、16ゾーン(4×4)の出力が可能です。簡単なソフトウェア構成により、64ゾーン(8×8)の高分解能出力が得られるため、ビデオ・プロジェクタの台形補正に使用できると共に、AR/VRアプリケーション向けに高精度の簡易深度マップを提供することができます。
    
VL53L5CXには、低消費電力マイクロコントローラが搭載されており、省電力アプリケーション向けに自律動作も可能です。6.4×3.0×1.5mmの高集積モジュールとして提供され、赤外線VCSEL(垂直共振器面発光レーザー)エミッタ、SPAD(単一光子アバランシェ・ダイオード)内蔵レシーバ、およびヒストグラム・ベースのToF処理エンジンを搭載しています。
    
VL53L5CXは、幅広いツールチェーンに対応しているため、使いやすい評価ツールや較正ツールにより、試作期間の大幅な短縮に貢献します。また、より大きなシステムの試作に組み込むための開発ボードも提供されています。
評価ボード「P-NUCLEO-53L5A1」およびソフトウェア拡張パッケージ「X-CUBE-TOF1」は、STM32開発エコシステムを活用したToFアプリケーション開発用ツールです。
    
すべての製品は現在量産中で、オンラインで購入可能です。VL53L5CXの単価は、約3.90ドルです。
    
STは、ToF測距センサをテーマにしたウェビナーを2021年9月21日に開催します。
VL53L5CXの概要や機能、製品開発における可能性、および設計リソースやソフトウェア・サンプル・コードなどの開発ツールをご紹介します。
   
詳細およびウェビナーへの参加登録については、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.st.com/content/st_com/ja/about/events/events.html/multizone-time-of-flight-ranging-sensor.html?icmp=tt22977_gl_pron_sep2021

配信広告
配信広告