Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

Digi-Key ElectronicsがRed Pitayaとの新しいグローバルなディストリビューション提携発表

2021.8.31  5:38 pm

Digi-Key ElectronicsがRed Pitayaとの新しいグローバルなディストリビューション提携発表

即時出荷が可能な世界最多の電子部品在庫を揃えているDigi-Key Electronicsは、リモート/在宅で勤務や学習を行う大学教員や学生向けに開発されたRed Pitayaの@HOMEキットの提供に関し、グローバルなディストリビューション提携を発表しました。
Digi-Key ElectronicsはRed Pitayaの@HOMEキットのグローバルなディストリビューションを開始しました。
    
@HOMEキットのベースとなっているRed Pitaya STEMlab 125-10はラボの12個のベンチトップ機器の機能を盛り込んだオールインワン型の、手ごろな価格のオープンソースボードです。Matlabリモコン、Labview制御、FPGAプログラミング、Jupyter/Pythonプログラミング、オシロスコープ、信号発生器、スペクトラムアナライザ、LCRメータなどの機能を搭載しています。
      
@HOMEはウェブベースのユーザーインターフェース経由ですべてのアプリケーションにアクセス可能なことから、使いやすいリモートラボキット、あるいは自宅学習用キットとなっています。さらに、オペレーティングシステムの今後のアップデートも完全に無料です。
     
Digi-Keyのグローバルアカデミックプログラム担当ディレクタの YC Wangは「私たちはRed Pitayaの@HOMEキットを、学生や大学教員などのDigi-Keyのお客様に提供できることを嬉しく思います」と述べ、さらに「この1年半の間に、柔軟な教育環境の提供がこれまで以上に重要であることが明らかになりました。@HOMEキットは、リモートや在宅環境でラボ演習を実現するための汎用性や携帯性を提供します」と語りました。
    
Red Pitayaの最高技術責任者(CTO)のČrt Valentinčič氏は「学生がスムーズに学べるようにするため、私たちは大学教員向けに@HOMEキットを開発しました」と述べ、さらに「私たちは授業準備をより容易にするため、無料のステップバイステップ形式指導サンプルも提供しています。また、すべての学生が利用できるよう、価格も手ごろになっています」と語りました。
     
     
・Red Pitayaについて
Red Pitayaは機能が固定されたクローズドな機器から、さまざまな市場セグメントの広範なお客様の期待に応えられる多機能、オープンソースのソフトウェア定義機器への移行のパイオニアとして、エレクトロニクス業界のイノベーションをリードしています。キックスターターキャンペーンの成功から始まったRed Pitayaは、テストおよび測定機器市場で絶えず変革、成長する企業として評価を受けるまでに成長しています。こうした革新的なアプローチが高く評価され、Red Pitayaは2014年に権威あるFrost and SullivanのGlobal Electronic Test and Measurement Tools New Product Innovation Awardを受賞しました。米航空宇宙局(NASA)、Apple、Bosch、Siemens、マサチューセッツ工科大学(MIT)、スタンフォード大学、ブラウン大学などは著名なRed Pitayaユーザーのごく一例であり、Red Pitayaは現在、エレクトロニクス分野で最大級のディストリビュータ複数社と協力するとともに、世界で30,000強のお客様に満足いただけるサービスを提供しています。

配信広告
配信広告