Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

STマイクロエレクトロニクスが2022年までにブスクラ工場の再生可能エネルギー使用率50%を実現

2021.8.30  3:29 pm

再生可能エネルギーの利用で2027年までにカーボン・ニュートラルを目指すSTの取り組みを推進

(本記事は2021年7月26日にジュネーブ(スイス)で発表されたプレスリリースの抄訳です。)
STマイクロエレクトロニクスは、2027年までのカーボン・ニュートラル実現に向けたアクション・プランの一環として、ブスクラ(モロッコ)工場の再生可能エネルギー使用率を、2020年の1%から2022年までに50%にする目標を発表しました。
    
ブスクラ工場は、後工程工場として20年以上にわたり稼働しており、約2,800名の従業員が勤務しています。STは、同工場における温室効果ガスの間接排出(Scope 2)削減、および再生可能エネルギーの使用率向上に向けた複数のプログラムを過去数年間にわたり推進しています。
    

  • 風力発電で生成された電力の購入: STは、InnoVent社がモロッコ北部に建設した12基の風力タービンで発電され、モロッコ全国の送電網に供給された電力を購入しています。フランスとアフリカにおいて風力および太陽光発電所の開発・運用を手がけるInnoVent社は、大西洋に近いモロッコ北西のワリディア(Oualidia)からアル・ジャディーダ(El Jadida)にかけて、10ヘクタールの風力発電設備を設置し、2021年3月に発電を開始しました。 
     2021年内にフル稼働へと移行し、36MWの発電量を実現する予定です。この風力発電所では、年間80GWh以上のグリーン・エネルギー生産が見込まれており、ブスクラ工場におけるCO2排出量の大幅な削減(年間約60,000メトリック・トン、樹木の吸収量換算で1,100,000本に相当)に貢献します。
  • 太陽光発電: STは、2019年12月に、2,400枚の太陽電池パネル(発電容量672kWp、総面積約4,000平方メートル)を備えた250台分の駐車場をブスクラ工場に設置しました。これにより、年間1GWh以上の太陽光エネルギーが生産され、同工場のCO2排出量を年間約740メトリック・トン削減します。また、ブスクラ工場の電力需要の一部をまかなうことで、風力発電による電力供給を補完します。
  • 工場全体の照明をLED照明に交換: 2020年9月に開始したこのプログラムにより、年間約1.3GWhの消費電力削減が見込まれています。


STのブスクラ工場のジェネラル・マネージャであるFabrice Gomezは、次のようにコメントしています。
「STは、ワリディアの風力発電所からの電力購入に加え、2019年に導入した太陽光発電付き駐車場による自家発電を行っています。カーボン・ニュートラルの実現に向けて地域の再生可能エネルギーを活用すると共に、モロッコ政府によるエネルギー転換の取り組みをサポートできることを誇りに思います。」
    
STの人事・CSR(企業の社会的責任) 社長であるRajita D'Souzaは、次のようにコメントしています。
「STは、自社工場における太陽光発電設備とグリーンエネルギー認証取得済み再生可能エネルギーの購入を組み合わせることで、2027年までに再生可能エネルギーの使用率100%の達成に向けて取り組んでいます。ブスクラ工場で風力発電による電力を使用することは、当社にとって大きな前進です。この取り組みは今後さらに強化され、その他の工場にも拡大していくでしょう。」

STマイクロエレクトロニクスが2022年までにブスクラ工場の再生可能エネルギー使用率50%を実現
DCIM\104MEDIA\DJI_0418.JPG
配信広告
配信広告