Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

アナログ・デバイセズがマキシム・インテグレーテッドの買収手続きを完了

2021.8.27  3:54 pm

アナログ・デバイセズは、マキシム・インテグレーテッド・プロダクツの買収手続きを完了したことを発表しました。両社の統合により、プロフォーマべースで直近12か月の収益は90億米ドル1を超え、業界をリードするマージン、フリーキャッシュフローは30億米ドル1を超え、アナログ・デバイセズの高性能アナログ半導体メーカーとしての地位は更に強化されます。
    
アナログ・デバイセズの社長兼CEOのヴィンセント・ロウチ(Vincent Roche)は、次のように述べています。
「今日はアナログ・デバイセズにとって非常に大きな節目であり、顧客の最も複雑な技術的課題を解決するという情熱を共有するマキシムチームを迎えることができ、大変嬉しく思います。10,000人以上のエンジニアを擁し、幅や深さが増したクラス最高の技術は、お客様のために更に完全な最先端のソリューションを開発する体制が整いました。私たちは共に、アナログ半導体の革新の次の波を推し進めると共に、すべての人にとってより健康で、より安全かつ持続可能な未来をエンジニアリングしていきます」と述べています。
    
この最終合意の条件に基づき、マキシムの株主は、マキシムの普通株式1株当たり、アナログ・デバイセズの普通株式0.63株が割り当てられました。マキシムの普通株式は、今後、NASDAQ株式市場において上場廃止となります。
    
・取締役の統合
本取引完了に際し、マキシムの前社長兼最高経営責任者のトゥンチ・ドゥルージャ(Tunç Doluca)と、アバゴ・テクノロジーの前創業エグゼクティブであるメルセデス・ジョンソン(Mercedes Johnson)がアナログ・デバイセズの取締役に就任します。ドゥルージャとジョンソンは、取引終了までマキシムの取締役を務めました。
    
    
プレス・リリースURL
https://www.analog.com/jp/about-adi/news-room/press-releases/2021/8-26-21-adi-completes-acquisition-of-maxim-integrated.html

配信広告
配信広告