Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

インフィニオンがVW ID.4 USAツアーに参加 エレクトロモビリティとエネルギー効率の向上を推進

2021.8.5  3:27 pm

インフィニオンがVW ID.4 USAツアーに参加 エレクトロモビリティとエネルギー効率の向上を推進

(2021年8月2日、ミュンヘン (ドイツ))
エレクトロモビリティは急速に現実のものとなりつつあります。実際に、現在生産されている自動車の7台に1台は、何らかの形で電動化されています。電気自動車(EV)の性能と利便性を実証するために、フォルクスワーゲン オブ アメリカ社は長距離運転のエキスパートであるライナー ジートロー(Rainer Zietlow)氏と協力し、バージニア州ハーンドンにあるフォルクスワーゲン オブ アメリカ社から、VW ID.4 USAツアーを開始しました。
モビリティ、エネルギー効率、IoT向け半導体において世界的リーダーであるインフィニオン テクノロジーズは、50以上の半導体製品を新型VW ID.4に提供し、エネルギー効率の高い電気駆動と充電インフラに貢献しています。
さらに、米国を縦断するツアーのドライブルートには、ミシガン州リボニア、カリフォルニア州サンノゼ、テキサス州オースティン、カリフォルニア州エルセグンド、ワシントンD.C.など、インフィニオンの5つの拠点が組み込まれています。
    
インフィニオン テクノロジーズ アメリカズのオートモーティブ担当ヴァイス プレジデントであるラーズ ウルリッヒ(Lars Ullrich)は、「インフィニオンは、再生可能エネルギーの生成、効率的な蓄電、持続可能なモビリティを可能にする製品や技術に加えて、自らの二酸化炭素排出量を削減することで気候保護を支援しています。当社の半導体は、自動車の電動化と、それを可能にする充電インフラの中核をなしています。航続距離、効率、利便性を向上させることで、ドライバーの柔軟性や快適性を損なうことなく環境を保護するという、エレクトロモビリティへの根本的な変革を成功させるために、自動車業界を支援しています」と述べています。

インフィニオンがVW ID.4 USAツアーに参加 エレクトロモビリティとエネルギー効率の向上を推進
ラーズ ウルリッヒ氏

CO2排出量規制の強化により、世界的にEVの導入が加速しています。例えば、米国カリフォルニア州では、2035年までに販売するすべての新車および乗用車・トラックをゼロエミッション車にすることが義務付けられています。また、消費者の変化や新しいEVモデルの登場により、昨年からEVの導入がさらに進んでいます。
     
半導体は、電気駆動装置に電力を供給し、将来のカーボンニュートラルなモビリティの基礎を築くことで、エレクトロモビリティに大きな役割を果たしています。2020年代の終わりには、50%を大きく超える自動車の生産が部分的または完全に電気駆動になると予想されています。インフィニオンは、「クリーン、セーフ、スマート」の原則に基づき、自動車メーカーやサプライヤーと協力して、電気ドライブトレインを搭載した自動車の開発に取り組んでおり、多くの半導体ソリューションを提供しています。今年はすでに、インフィニオンのパワー半導体を採用したドライブトレインを搭載した35台以上の電気自動車およびプラグインハイブリッド車が世界中で生産される予定です。
     
ID.4は、フォルクスワーゲン初のオールエレクトリックSUVであり、ブランド初のグローバルEVです。米国での発売時には、77kWh(ネット)のバッテリーパックを搭載し、ID.4 Proの後輪駆動モデルで約517km(WLTP)の航続距離を実現しています。公共のDC急速充電ステーションでは、125kWの充電により、ID.4は約38分で5%から80%まで充電することができます。インフィニオンは、パワー半導体、マイクロコントローラー、ドライバーICなど、50種類以上の半導体部品をID.4に提供しています。電気ドライブトレインの心臓部には、HybridPACK Drive製品群のパワーモジュールが搭載されており、バッテリーとモーター間のエネルギー変換を行います。自動車のみならず、インフィニオンの半導体は、充電インフラにおいても重要な役割を果たしており、より高速な充電を可能にしています。

インフィニオンがVW ID.4 USAツアーに参加 エレクトロモビリティとエネルギー効率の向上を推進

     
・VW ID.4ツアーについて
インフィニオンは、フォルクスワーゲンの最新の電気自動車(EV)で米国を37,000マイル横断するドライバーチーム、VW ID.4チームのスポンサーを務めています。長距離運転のエキスパートであるライナー ジートロー(Rainer Zietlow)氏は、コ・ドライバー、デレク コリンズ(Derek Collins)とともに、最新のフォルクスワーゲンID.4 EVで、98日間のうちに48州、600以上のフォルクスワーゲン ディーラー、200以上のElectrify America Station、5つのインフィニオンの拠点を横断する計画です。
     
インフィニオン・アメリカズは、5つの製造拠点と17の研究開発拠点を含む26の拠点で、約4,000人の従業員*を擁しています。
    
車の様子はこちらでご覧いただけます: https://vwid4-usatour.com/map/
*この合計にはメキシコのティファナは含まれません

配信広告
配信広告