Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ポジティブワンがインテル・キャピタル出資の顔認証AI IoTチップSV806 SoC(ARM Cortex-A7)を利用した回路設計・基板設計・ソフトウエア開発を開始

2021.6.3  1:41 pm

ポジティブワン株式会社(東京都渋谷区)は、インテル・キャピタル出資の顔認証AI IoTチップSV806 SoC(ARM Cortex-A7)を利用した回路設計・基板設計・ソフトウエア開発を開始いたします。
   
Yizhi Electronic Technology 社が独自で開発するAIマシンビジョンアルゴリズムとSoCチップ設計が搭載されたSV806(ARM Cortex-A7)の基板設計からソフトウエアの開発を開始いたします。
   
ビデオセキュリティ、自動車用電子機器、スマートハードウェアの分野におけるインテリジェンス(AI)エンパワーメントの分野における業界リーダーであり、SV806は、AIで高速化された高解像度ディスプレイ、オーディオおよびビデオコーデック、高速デジタルアナログミキシング、およびその他のIPスマートチップです。ビデオ監視製品のニューラルネットワークアクセラレーション(NPU)用のプロフェッショナルAISoCとして、高品質のデジタルビデオ録画と720P30fpsでの再生をサポートします。NPUは、ディープニューラルネットワーク推論で最大0.6TOPの計算パフォーマンスを提供できます。典型的なアプリケーションには、活動検出、人間検出、および人数カウントを使用した顔認識が含まれます。この製品は、低コストで高性能なスマート顔認識アテンダントマシンとスマートロックの分野で位置付けられています。
   
Yizhi SV806AIチップは、ネオンテクノロジーとFPUのアームCortex-A7 MP2プロセッサを使用して、カスタムアプリケーションを開発する際に豊富な一般的なコンピューティングリソースを提供します。3Dノイズリダクション機能を備えた統合高性能ISPは、低照度アプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮します。2台のデジタルカメラを同時に処理できます。ディスプレイ処理ユニットは、ズーム比、グラフィックス、およびビデオオーバーレイを備えたハードウェアカーソルをサポートし、それによってGUIとビデオの合成を加速します。LCD HD出力用の柔軟な出力インターフェースをサポートします。高度に統合されたSoCは、USB、spi、UART、I2C、SDIO3.0、GPADC、PWMなどの多数の周辺機器インターフェイスをサポートします。オーディオコーデックも統合し、さまざまなアプリケーションに多くの可能性を提供します。DDR3 SDRAMは、PCBAをよりシンプルで信頼性の高いものにします。高度なアーキテクチャと動的周波数スケーリング戦略のおかげで、システム全体で低消費電力を実現できます。ディープスリープテクノロジーは、超低待機電力消費を提供し、バッテリー寿命を大幅にのばすことができます。安定したユーザーフレンドリーなSDKにより、お客様はすぐに大量生産に入ることができます。

・ARM Cortex A7 MP2 1GHz、32KB Iキャッシュ、32KB Dキャッシュ、および256KBL2キャッシュ
・ネオンテクノロジーと統合されたFPUAIエンジン
・NPU@0.6TOPsニューラルネットワークアクセラレーション ビデオコーデック
・最大720p @ 30fpsのリアルタイムビデオ録画および再生アプリケーション
・8176x4320の最大解像度での画像デコードとエンコードの表示とビデオ処理
・スクロールとブレンディング/カラーキー機能を備えた4層
・1つのハードウェアカーソルレイヤーと1つのアニメーションレイヤー
・最大2つのビデオレイヤーが1 / 15.9x~16xズームをサポート
・複数のビデオおよびグラフィック形式
・ビデオ後処理をサポートする
・ガンマ補正
・色空間変換
・画像回転子、0/90/180/270度の回転と水平/垂直反転をサポート
・ビデオ出力インターフェース、LCD付きシングルディスプレイ出力

ポジティブワン https://www.positive-one.com

配信広告
配信広告