Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

ポジティブワンがWi-Fi対応のスマート家電IoT機器を実現させるPSoC 6およびemFile搭載システムの受託開発開始

2021.3.29  6:54 pm

ポジティブワンがWi-Fi対応のスマート家電IoT機器を実現させるPSoC 6およびemFile搭載システムの受託開発開始

Segger社の正規代理店であるポジティブワン株式会社(東京都渋谷)は、Segger社製のemFileを組み込んだWi-Fi対応のスマート家電やスマートスピーカーなどインテリジェントなIoT機器の主要機能を有するPSoC 6 を利用した受託開発をいたします。
   
ドイツのチップメーカーであるインフィニオンの子会社である半導体メーカーのサイプレス社は、SEGGER製emFile組み込みファイルシステムのライセンスを最新のハードウェアプラットフォームPSoC6に拡張しました。サイプレス社は、SEGGERの組み込みファイルシステムemFileのライセンスを拡張してPSoC6を含める追加のモジュールにより、さらに安全な組み込みアプリケーションの開発が可能になります。
   
Wi-Fiなどの無線通信に対応するIoT機器に向けたマイクロコントローラ「PSoC 6 MCU」の製品ポートフォリオを拡大し、2Mバイト容量のフラッシュメモリ、1MバイトのRAMを搭載し、IoT機器でより高度な処理が行えるよう機能強化しております。これにより、Wi-Fi対応のスマート家電やスマートスピーカーなどインテリジェントなIoT機器の主要機能をPSoC 6 MCU 1チップで担えます。
   
PSoC 6は、外部ストレージなしで複数のセキュリティ環境をサポートしながら、IoT開発のための安全なソリューションを提供します。Systems-on-a-Chip(SoC)は、サイバー脅威やハッキングからの保護を必要とするIoTシステムに統合されたハードウェアおよびソフトウェアセキュリティ機能を提供します。これに関連して、SEGGERのemFileライセンスも拡張され、このようなセキュリティに敏感なアプリケーションの開発のための重要なモジュールが含まれるようになりました。
   
Long-File-Name(LFN)サポートとSDCardドライバを含むFATファイルシステムはすでに使用許諾契約の一部でしたが、現在は次のモジュールが含まれています。
   
・ジャーナリング(ファイルシステムレイヤーをフェイルセーフにするコンポーネント)
(メディア全体または個々のファイルの)暗号化
・NORおよびNANDフラッシュメモリ用のデバイスドライバ(予期しないリセット、ウェアレベリング、不良ブロック管理の場合のフェイルセーフ)
・IDEおよびコンパクトフラッシュ用のデバイスドライバ(IDEハードディスクおよびコンパクトフラッシュメモリカード上のデータへのアクセスが可能)
   
・emFileについて
emFileは、組み込みアプリケーションまたはシステムがあらゆるタイプのストレージデバイスにデータを安全かつ確実に保存できるようにするファイルシステムライブラリです。これは、高速、RAMおよびROMのメモリ消費量の最小化、および組み込みのために最適化された高性能ライブラリです。
   
このライブラリは、20年以上の継続的な開発の結果であり、世界中の何十億ものデバイスで使用されており、組み込み業界で実績のあるファイルシステムとなっています。emFileはハードウェアに依存せず、8/16/32/64ビットの任意のターゲットで実行できます。
   
新しいライセンス契約により、サイプレスの顧客は、最新のハードウェア上でも、最小のメモリ消費と最高のパフォーマンスで安全で信頼性の高いアプリケーションを簡単に開発するためのさらに多くのオプションを利用できるようになりました。

ポジティブワンがWi-Fi対応のスマート家電IoT機器を実現させるPSoC 6およびemFile搭載システムの受託開発開始
配信広告
配信広告