Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

PALTEKとTAI、AMD ザイリンクス製「Kria™ K26 SOM」を活用したAIソリューションで協業開始

2023.1.26  5:19 pm

PALTEKとTAI、AMD ザイリンクス製「Kria(TM) K26 SOM」を活用したAIソリューションで協業開始

量産対応エッジAIソリューションの拡大により新たな市場開拓を目指す

(画像左:Tokyo Artisan Intelligence 株式会社 代表取締役社長 中原啓貴氏 右:株式会社PALTEK 代表取締役社長 福田光治氏)

株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区)と、東京工業大学発のベンチャー企業として数多くのディープラーニング開発を手掛け、画像を用いたVision AI処理技術を得意とするTokyo Artisan Intelligence(トウキョウ アーチザン インテリジェンス)株式会社(本社:神奈川県横浜市、以下 TAI)は、AMD ザイリンクス製「Kria™ K26 システム オン モジュール(SOM)」を活用したAIソリューションの協業を開始することで合意しました。
     
PALTEKとTAIは、本協業によりエッジAIソリューションの強化を図るとともに、推論に最適なハードウェアを共同開発することで、エッジAIの社会実装実現への取り組みを加速していくとしています。
     
TAIのAI開発は、従来の学習後におけるプルーニング技術による高速化ではなく、学習前から不要な重みを0に近似して圧縮された学習前プルーニング技術と、画像圧縮された画像でも認識精度が落ちない独自の学習方法を用いており、より高速で高い認識率のエッジAI開発を実現しています。
     
PALTEKは、日本のエレクトロニクスメーカーに対して、FPGAやその他の半導体などを活用した製品開発支援、技術サポートを提供しています。現在、PALTEKはFPGAなどを活用したAIソリューションを強化しており、パートナー企業との連携を推進し、エッジAI向けのモジュールやFPGA向けのAI開発環境を提供し、ユーザのAI開発を支援しています。
      
すでにディープラーニングや機械学習を用いた画像システム開発実績を多数有するTAIとAMD ザイリンクスのKria™ K26 SOMを活用したAIソリューション開発で協業することで、量産エッジAIソリューションにおける最適なハードウェアプラットフォームを共同開発し、ユーザのエッジAI開発を加速し、AI社会実装実現に貢献していくものです。
     
Tokyo Artisan Intelligence株式会社
TAIは、2020年3月に立ち上げ、その後様々な業界に対して多くエッジAIの社会実装を実現しております。
エッジAIに求められる高速性と認識精度の両方を実現するTAI独自の学習手法とデータ圧縮技術によってお客様製品の省スペース化や処理能力の最適化を行っております。産業分野、医療分野、スポーツ分野と幅広く挑戦し顧客と社会の抱える課題解決に取り組み先端技術を活用したサービスの社会実装を目指しています。
https://tokyo-ai.co.jp/
     
株式会社PALTEK
https://www.paltek.co.jp

配信広告
配信広告