Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

LeapMindが超低消費電力AI推論アクセラレータIP「Efficieraバージョン2ベータ版」を公開

2021.9.30  2:44 pm

LeapMindが超低消費電力AI推論アクセラレータIP「Efficieraバージョン2ベータ版」を公開

エッジAIのスタンダードを創るLeapMind株式会社(東京都渋谷区)は、同社が開発・ライセンス事業をしている超低消費電力AI推論アクセラレータIP「Efficiera」(エフィシエラ)のバージョン2(以下: v2)の年内商用化発表に先立ち、ベータ版を公開したと発表しました。
2020年10月に発表したEfficieraはその省電力、高性能、省面積、性能拡張性により、小型FPGAへの容易な実装が可能であるほか、量産ボードへの対応によるエンドユーザの最終製品の開発期間短縮に貢献するなど、高い評価を受けています。LeapMindはv2ベータ版の公開を通して、SoCベンダーならびにエンドユーザの製品設計者など、多くの方々によるベータ版の試用とフィードバックを期待しています。

Efficiera v2の主な仕様・特長

  • ハードウェア性能の大幅な向上: 27TOPS/Wから100TOPS/Wの実現と、Skip connection、Convolution、Pixel Embeddingといった各機能の高速化。
  • FPGAをはじめASIC/ASSPを活用した柔軟なシステム開発が可能。
  • Efficiera IP上でのモデル開発を個別に行いたいとのユーザの希望にお応えするため、極小量子化モデル開発環境「Efficiera NDK(Network Development Kit)」を提供。

LeapMindが超低消費電力AI推論アクセラレータIP「Efficieraバージョン2ベータ版」を公開
Efficiera v2のコンセプト

v2ベータ版公開について、LeapMind執行役員でEfficiera事業を統括する山崎勝利は、次のように述べています。
「Effciera v2の開発が予定通り進み、ベータ版のリリースができることを心より嬉しく思います。Effciera v2はFPGAのみならずASIC/ASSPでのご採用も視野に入れ、また機械学習を利用したエッジでの画像/映像処理なども可能とするハードウェア性能を実現する製品です。市場では、多量のデータを必要とする複雑な推論処理は、ネットワーク負荷、電力効率、リアルタイム性など様々な条件、制約を踏まえ、クラウド上での処理かエッジ処理かの議論が行われています。
当社のコア技術である極小量子化技術は、複雑かつ大容量のデータを使用した推論処理をエッジデバイス上で行うことを前提に開発を進めてきており、エッジ上での推論処理を迷わず選択できるようなデバイス開発を促進する一助となることを目指しています。
Efficiera v2では、特に画像処理における処理能力が格段に向上しており、エッジデバイス上でAIによる高精細な画像処理が必要とされる場面において、その能力が発揮されていることを当社の開発部門で確認しています。Efficiera v2が、従来のエッジでの機械学習応用範囲を大きく拡大する起爆剤になることを期待しています」
   
・Efficieraについて
「Efficiera」とは、FPGAデバイス上もしくはASICデバイス上の回路として動作する、CNNの推論演算処理に特化した超低消費電力AI推論アクセラレータIPです。量子化ビット数を1~2ビットまで最小化する「極小量子化」技術によって、推論処理の大部分を占めるコンボリューションの電力効率と面積効率を最大化するため、最先端の半導体製造プロセスや特別なセルライブラリを使用する必要がありません。
本製品を利用することで、家電製品などの民生機器、建設機械などの産業機器、監視カメラ、放送機器をはじめ、従来は技術的に困難であった電力とコスト、放熱に制約のある小型機械やロボットなど、様々なエッジデバイスへディープラーニング機能を組み込むことができます。
     
製品公式サイトURL:https://leapmind.io/business/ip/

配信広告
配信広告