Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

SOLUTION

PEAK-System、CAN / CAN FDルータおよびデータロガー“PCAN-Router Pro FD”のEthernet(RJ-45)インターフェイス拡張モデルを発表

2021.7.29  5:08 pm

PEAK-System、CAN / CAN FDルータおよびデータロガー“PCAN-Router Pro FD”のEthernet(RJ-45)インターフェイス拡張モデルを発表

産業・自動車業界向けCAN/LINにフォーカスしたリーディングカンパニーであるPEAK-System Technik GmbH(本社:ドイツ ダルムシュタット)の日本総代理店であるガイロジック株式会社(東京都武蔵野市)は、6チャネルのCAN / CAN FD ルータ、データロガーである「PCAN-Router Pro FD」にRJ-45 Ethernetインターフェイスを搭載した新モデルを7月29日に国内発表し、同日販売を開始いたします。
   
PCAN-Router Pro FDハードウェアは、CAN / CAN FD の6chを特定のアプリケーション向けに自由にプログラミングできる機能及びデータロガー機能を提供してきました。今回RJ-45 Ethernetインターフェイスを搭載する事により、PCとPCAN-Router Pro FDをEthernet接続することが可能になりました。
   
今後PCAN-Router Pro FDには、CAN2.0およびCAN FDデータトラフィックを記録するためのすぐに使用できるファームウェアが実装されます。CANチャネル、IP接続、およびすべての記録設定のコンフィグレーションはJSONテキストファイルを使用して行われるため、プログラミングスキルは必要ありません。また、コンフィグレーションとトレースファイルは、内蔵された16ギガバイトのeMMCメモリ、または挿入されたSDカードに保存されます。
   
PCAN-Router Pro FDは通常、メモリにはUSB接続を介してアクセスされます。しかし今回のアップデートによりEthernetインターフェイスが利用可能であるため、FTPを使用して接続されたIPネットワークを介してトレースファイルのダウンロード、コンフィグレーションファイルのアップロードができるというメリットがあります。さらに、ハードウェアとデータのトレースは、WebSocket接続を使用してIP経由でリモート制御が可能となっており、WebSocketクライアントソフトウェアを使用して実行が可能です。
   
JavaScriptを実装するWebSocketクライアントを備えたサンプルはPEAK-SystemのWebサイトからダウンロード頂く開発パッケージに含まれており、PCAN-Router Pro FDへの接続を容易にします。

PEAK-System、CAN / CAN FDルータおよびデータロガー“PCAN-Router Pro FD”のEthernet(RJ-45)インターフェイス拡張モデルを発表
PEAK-System、CAN / CAN FDルータおよびデータロガー“PCAN-Router Pro FD”のEthernet(RJ-45)インターフェイス拡張モデルを発表

製品ページ
https://www.gailogic.co.jp/ae/can_gw/pcan_router_pro_fd
   
・PCAN-Router Pro FDについて
CAN/CAN FD 6チャネルのPCAN-Router Pro FDは、コンフィグレーションにより、ルータとデータロガーの機能を切り替えて使用することが出来ます。また、ルータ機能には1つのアナログ入力と4つのデジタルI/Oが装備されています。
   
・PEAK-System Technik GmbHについて
PEAK-System(本社:ドイツ ダルムシュタット)は、自動車および産業用通信向けのハードウェア、ソフトウェア、およびサービスの大手プロバイダーです。1999年の設立以来CANとLINにフォーカスした製品群を提供し、その製品は100種類以上に及びます。
https://www.peak-system.com/
   
・ガイロジック株式会社について
ガイロジック株式会社は2002年に設立され、コンピュータ開発・産業用ネットワーク・車載用ECU等の開発ツール、計測機器等の輸入販売とサポートを行っています。2009年12月よりPEAK-Systemの日本総代理店として活動しています。
https://www.gailogic.co.jp/

配信広告
配信広告