Electronics Information Service

組込みシステム技術者向け
オンライン・マガジン

MENU

横田英史の読書コーナー

女性のいない民主主義

前田 健太郎、岩波新書

2020.10.30  2:25 pm

 政治権力が男性に集中している日本において、民主主義は正常に機能しているのか、あるいは機能するのか、こうした構造になった背景には何があるのか、脱却する方策はあるのか、などについて政治学者が論じた書。大学の教科書に掲載されている代表的な学説は、「男性の政治学」に過ぎないのではと疑問を呈する。筆者が次々に打ち破る常識や定説は、「確かにバイアスがある」と思わせるものが少なくない。ジェンダー問題を考えるときに前提となっている観念のリセットに役立つ。
  
 筆者は4つの角度から「女性のいない民主主義」を論じる。まず政治とはなにか、次に民主主義の定義、第3に政策は誰のためのものか、第4に誰がどのように政治家になるのかである。諸外国との対比が、日本の特異性を際立たせる(新型コロナへの対応と同じで、台湾とニュージーランドの話が興味深い)。
  
 確かに日本は変である。日本の衆議院で女性の占める割合は10.2%で世界192カ国中で163位。高級官僚は3.9%に過ぎず、OECD29カ国中で最下位。これが日本の実情だが、揶揄するマスメディアも似たり寄ったり。さらに幹部の出身大学が極端に偏っていると「どの口が言うか」とからかわれたりする。政治でも社会でも経済でも産業でも動脈硬化が進み、閉塞感が漂う日本の病根の一つに触れた感じがする書である。

書籍情報

女性のいない民主主義

前田 健太郎、岩波新書、p.224、¥902

横田 英史 (yokota@et-lab.biz)

1956年大阪生まれ。1980年京都大学工学部電気工学科卒。1982年京都大学工学研究科修了。
川崎重工業技術開発本部でのエンジニア経験を経て、1986年日経マグロウヒル(現日経BP社)に入社。日経エレクトロニクス記者、同副編集長、BizIT(現ITPro)編集長を経て、2001年11月日経コンピュータ編集長に就任。2003年3月発行人を兼務。
2004年11月、日経バイト発行人兼編集長。その後、日経BP社執行役員を経て、 2013年1月、日経BPコンサルティング取締役、2016年日経BPソリューションズ代表取締役に就任。2018年3月退任。
2018年4月から日経BP社に戻り、 日経BP総合研究所 グリーンテックラボ 主席研究員、2018年10月退社。2018年11月ETラボ代表、2019年6月一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)理事、現在に至る。
記者時代の専門分野は、コンピュータ・アーキテクチャ、コンピュータ・ハードウエア、OS、ハードディスク装置、組込み制御、知的財産権、環境問題など。

*本書評の内容は横田個人の意見であり、所属する企業の見解とは関係がありません。

配信広告
配信広告