AUTOSAR対応で直面する課題をワンストップで解消する「QINeS®」への期待

AUTOSAR準拠の国産BSWがにわかに動き出してきた。国内の車載ソフトベンダ6社協業による「QINeS-BSW」の認知も着々と広がっている。

ボディ系システムを中心に適用が広がっている車載ソフトウェアの標準規格「AUTOSAR」だが、これから評価を始めるという企業も多い。そうしたなか、現在ほぼ海外企業が提供しているAUTOSAR準拠の車載ソフトウェア基盤(BSW)で、国産BSWの市場がにわかに動き出している。

 

注目されるのは、車載ソフトウェア関連事業を手掛ける国内ソフトウェアベンダ6社が協業し、日本発となるAUTOSARソリューションを展開するブランド「QINeS®(クインズ)」だ。

 

協業するのは、SCSK、豆蔵、イーソル、ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ、キャッツ、未来技術研究所の6社。

ひとつの国産製品の開発に6社それぞれが得意とする専門分野を持ち寄って、特色と技術を集結して取り組むことが特徴で、2014年11月28日にAUTOSAR関連事業の共同推進を目的とした戦略的業務提携での合意を発表、ほぼ1年後となる2015年10月1日に、「QINeS-BSW ver1.0」をリリースしたところだ。

 

AUTOSARワンストップソリューション「QINeS」

「QINeSーBSW」のロードマップ。※画像クリックで拡大表示

 

「QINeS-BSW ver1.0」はAUTOSARバージョン4.0に対応しており、ソフトウェア基盤本体と独自リアルタイムOS、ボディ系部品対応のフレームワークが含まれる。ひとつのアプリケーション開発で、32bitマイコンと16bitマイコンの両方で稼働するアプリケーションをつくることができる。

AUTOSARワンストップソリューション「QINeS」

「QINeS-BSW」の主な特徴。※画像クリックで拡大表示

 

なかでも特徴的なのは、独自レイヤの提供によるアプリケーション開発量の削減を可能にするQINeS-Framework。QINeS-BSWでのアプリケーション開発の生産性と品質向上を実現するものとなる。

 

どのように実現するのか、具体的には次となる。

 

ソフトウェア構造の規定による生産性向上
 ソフトウェア構造のパターンを定義し、可変部分と固定部分を構造として分けることで、わかりやすく開発範囲をコンパクトにしていく仕組み

部品化による再利用
 再利用する部品は、すでに実績があり信頼性が高く、品質向上に寄与

部品化によるコーディングレスの実現
 独自ロジック、ノウハウもパターン化することで、用意された部品の組み合わせでアプリケーション開発のコーディングレスを実現

 

AUTOSARワンストップソリューション「QINeS」

「QINeS-Framework」の特徴。※画像クリックで拡大表示

 

次にリリースされるバージョンアップ版「QINeS-BSW ver2.0」では、AUTOSAR4.2対応で、ADAS、走行安全、自動運転領域での対応が予定されている。

 

「QINeS」ブランドとして展開するサービスは、QINeS-BSWのほか、開発ツール(QINeS-Tools)、プロセス標準(QINeS-Process)、教育・活用支援(QINeS-Style)、さらにすべてに対するシステムインテグレーションサービスとなるECU開発(System Integration)の5つを用意しており、AUTOSAR対応に必要なすべてのサービスをワンストップで提供していく。
それぞれ協業6社が自主開発していくもので、販売の窓口にはSCSKが立つ。

 

AUTOSARワンストップソリューション「QINeS」

1月13日から3日間開催された「オートモティブワールド2016」でのSCSKのブース。関連サービスの紹介とあわせ、ルネサスエレクトロニクス製16bitマイコンRL78に「QINeS-BSW」を搭載し、CAN通信で制御を伝達するデモを展示した。国産BSWとしての認知も着々と広がっているようだ。

 

なお、QINeS-BSWは半年に一度のバージョンアップを計画しており、出展を予定する5月開催の組込みシステム開発技術展(東京ビッグサイト)では、QINeS-BSW ver2.0が披露されることになるだろう。

 

 

・AUTOSAR準拠の国産BSWを含むワンストップサービス QINeS®(クインズ)
 http://www.scsk.jp/product/common/qines/index.html

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983