2017年6月1日 プレスリリース

ザイリンクスとIBM社、PCI Express Gen4により、クラウド コンピューティングのインターコネクト性能を初めて2倍に向上

データ センター アプリケーションにおける FPGA ベース アクセラレータとPOWER CPU 間の性能向上により、テクノロジー マイルストーンを達成

 

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は5月16日 (米国時間)、PCI Express® Gen4 の使用において、重要なテクノロジー マイルストーンを達成したことを発表した。ザイリンクスは IBM 社と共に、PCI Express Gen4を使うことで、広く使われているPCI Express Gen3規格と比べて、FPGAアクセラレータとCPU間のインターコネクト性能を初めて2倍に向上させた。Gen4は、CPUとアクセラレータ間の帯域幅をレーン当たり16 Gbpsに倍増させることで、人工知能 (AI) やデータ解析など要求の厳しいデータ センター アプリケーションの性能を向上させる。

 

ザイリンクスは、2003年のPCI Expressの導入から今日に至るまで、PCI™ インターコネクト ベースのソリューションにおけるリーダーであり、ザイリンクスの All Programmable FPGAファミリ全体をPCI Express に準拠させている。今回、IBM社とザイリンクスは、ザイリンクスの16nm UltraScale+™ デバイスとIBM POWER9 プロセッサ間におけるGen4の相互運用性を達成し、プログラマブル デバイスにおけるPCIe Gen4機能を初めて実証した。

 

IBM 社のバイス プレジデント兼フェローであるブラッド マクレディ (Bradley McCredie) 氏は、「将来、データ センター コンピューティングがオープン規格に基づいて構成されるようになることは明らかです。PCI Express 規格における我々のリーダーシップにより、最新のデータ センターでの POWER アーキテクチャの展開が加速しています」と述べている。

 

ザイリンクスのCTOであるイボ ボールセン (Ivo Bolsens) は、「ザイリンクスはオープン規格を信じています。ザイリンクスと IBM が協力して、今回のマイルストーンが達成されたことは喜ばしい限りです。これにより、コンピューター アクセラレーションにおける重大な性能上のボトルネックが緩和され、特にデータ センター コンピューティングにおいて大きな性能向上がもたらされるでしょう」と述べている。

リリース詳細は発表企業のホームページへ

https://japan.xilinx.com/news/press/2017/xilinx-and-ibm-to-double-performance-with-pcie-gen4.html

 

■ザイリンクス株式会社
http://japan.xilinx.com

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983