2017年5月19日 プレスリリース

アナログ・デバイセズ、広帯域対応RFミキサーHMC819xシリーズを発表

産業用機器の設計を簡素化し、開発期間を大幅に短縮

analog_20170519

 

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日、広帯域パッシブの同相直交RFミキサーHMC819xシリーズを発表しました。本シリーズは、2.5~42 GHzの周波数帯域全体をサポートし、現在入手可能な他のディスクリート部品以上のメリットを提供します。広帯域をカバーする必要がある試験/計測や防衛分野向け電子機器など、各種産業用機器に最適です。この周波数帯域をカバーするには、これまではディスクリート部品が10個以上必要でしたが、アナログ・デバイセズの本シリーズを利用すれば、性能面で妥協することなくこの周波数範囲に対応できます。HMC819xシリーズは、標準のSMT(=Surface Mount Technology 表面実装技術)パッケージで提供される業界唯一の広帯域用ソリューションであり、効率的な実装で設計時間やリスク全般を減らし、開発期間を短縮します。

 

 

・HMC819x RFミキサーについて

HMC819xシリーズの2.5~42 GHzというRFおよびLO(=Local Oscillator 局部発信器)帯域幅と、広いIF帯域幅により、試験/計測装置や防衛分野に要求される優れたRF性能を維持したまま、設計や実装を簡素化します。本シリーズは、LO/RF絶縁およびLO/IF絶縁はいずれも約35 dB以上、RF/IF絶縁では20 dB以上という比類ない絶縁性能を実現しています。固有のI/Qアーキテクチャにより、25 dBc以上のイメージ/サイドバンド除去比を、高額な外付けフィルタ装着の必要なく達成し、部品コストを削減します。低い変換損失と高いダイナミック・レンジを維持しつつ、広帯域に渡って20dBmを超える入力IP3が実現されます。整合されたLOドライバ・アンプにより、小さな入力電源で各ミキサーのLOポートを駆動できるようリストされています。

 

 

・主な特長

○広いRF&LO帯域

 -HMC8191:6~26.5GHz、HMC8192:20~42GHz、HMC8193:2.5~8.5GHz

○広いIF帯域

 -HMC8191:dc~5GHz、HMC8192:0~5GHz 、HMC8193:dc~3.5GHz

○入力IP3

 -HMC8191:24dBm、HMC8192:22dBm、HMC8193:21dBm

 

・最適なアプリケーション

○試験/計測装置

○航空宇宙、防衛

 

製品概要、データシートのダウンロード、サンプル、評価用ボード等の詳細

http://www.analog.com/jp/hmc8191

http://www.analog.com/jp/hmc8193

http://www.analog.com/jp/hmc8192

 

 

■アナログ・デバイセズ株式会社
http://www.analog.com/jp

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983