2017年5月9日 プレスリリース

アナログ・デバイセズ、13.6GHzまで対応の新世代広帯域RFシンセサイザADF5356、ADF4356を発表

機器の小型化、高性能化と設計自由度に大きく貢献

 

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日、電圧制御発振器(VCO)を内蔵した13.6 GHz広帯域シンセサイザの新製品ADF5356を発表しました。本製品は、無線インフラ、マイクロ波のポイントtoポイントリンク、テスト装置/計測器、衛星端末などに最適です。また、最大6.8 GHzまでをカバーして動作し、同等の性能を備えるADF4356シンセサイザを併せて発表しました。

 

ADF5356は、53.125 MHzから13.6 GHzまで間断なくカバーしてRF出力を生成するため、マルチバンド・シンセサイザとして使用できます。このため、従来のように帯域ごとに複数のVCO/シンセサイザ製品を使用する必要がなくなり、部品点数や基板スペース、および消費電力を削減できます。また、優れたPLL性能指数(Figures of merit : FOM)、超低VCO位相ノイズ、極めて小さなインテジャー・バウンダリーよび位相検出器スプリアス、高い位相比較周波数などの特長を備え、性能を犠牲にすることなく広帯域に対応します。

 

 

・主な特長

○RF出力周波数範囲
 ADF5356:53.125MHz ~ 13,600MHz
 ADF4356:53.125MHz ~ 6,800MHz

 -インテジャー・チャンネル:-227dBc/Hz

 -フラクショナル・チャンネル: -225dBc/Hz

○低位相ノイズの電圧制御発振器(VCO)内蔵

 --113 dBc/Hz@100 kHz オフセット@5 GHz

 --110 dBc/Hz@100 kHz オフセット@6.8 GHz

 

・最適なアプリケーション

 -無線インフラストラクチャ(LTE、W-CDMA、TD-SCDMA、WiMAX、GSM、PCS、DCS)

 -ポイントtoポイント/ポイントtoマルチポイントのマイクロ―波リンク

 -衛星/VSAT

 -テスト装置と計測器

 -クロック発生器

 

アナログ・デバイセズ独自の高度なSiGe BiCMOSプロセスに基づいて開発されたADF5356およびADF4356は、業界をリードするVCO位相ノイズ(-113 dBc/Hz @ 100 kHzオフセット、5 GHz)、わずか97 fsecの統合rmsジッタ(1 kHz~20 MHz)、-227 dBc/Hzのインテジャー・チャンネル・ノイズ・フロアを実現します。位相検出器スプリアス・レベルは-85 dBc(typ)を下回り、125 MHzという高い位相検出器比較周波数に対応します。

 

これらのRFシンセサイザは組み込みが容易なうえ、設計にあたり入念な検証が必要となる位相ノイズ、ロック時間、ジッタなどさまざまな要素を包括的かつ簡単に評価できるPLLシンセサイザ設計/シミュレーション・ツール「ADIsimPLL」が用意されています。また、既存のADF5355およびADF4355とピン互換性があり、本製品へのアップグレードを容易にしています。

 

ADF5356およびADF4356は、-40°C~+85°Cの温度範囲で仕様規定されています。5‑Vのチャージ・ポンプおよびVCO電源と、公称電圧3.3‑Vのアナログおよびデジタル電源で動作し、1.8‑Vのロジック・レベル互換性を備えています。

 

 

製品概要、データシートのダウンロード、サンプル、評価用ボード等の詳細
ADF5356  http://www.analog.com/jp/ADF5356
ADF4356  http://www.analog.com/jp/ADF4356


アナログ・デバイセズのPLL(フェーズ・ロック・ループ)シンセサイザ設計およびシミュレーション・ツール
http://www.analog.com/adisimpll

 


■アナログ・デバイセズ株式会社
http://www.analog.com/jp

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983