2017年5月8日 プレスリリース

イーソルトリニティ、ARM社純正IPモデル「ARM® Fast Models」を使った仮想プラットフォーム ソリューションの提供を開始

高速かつ信頼性の高いモデルの利用により、実機レスでの組込みソフトウェア開発・テストを効率化


イーソルトリニティ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:上山 伸幸、以下イーソルトリニティ)は、ARM社と販売代理店契約を締結し、ARM社純正IP(※)モデル「ARM® Fast Models」のライセンス販売と、仮想プラットフォーム構築やペリフェラルモデル開発などのエンジニアリングサービスの提供を開始しました。ARM社が開発・提供する高速で信頼性の高いIPモデルを使った仮想プラットフォームの構築を支援し、実機レスでの組込みソフトウェア開発およびテストの効率化を加速します。


ARM Fast Modelsには、インストラクションセットをシミュレーションする各種ARM Cortex®-A 、Cortex-R、Cortex-Mコアモデルと、入出力(I/O)デバイスやメモリ、セキュリティ機構「ARM® TrustZone」、割り込みコントローラなどの各種ペリフェラルモデルのラインアップがあります。IP開発元のARM社自らが開発するこれらのモデルは、実デバイスと同じ機能をもつ高い信頼性に加え、新たなIPリリースと同時にモデルを入手できる利点があります。また、これらのモデルを使って仮想的なSoCやサブシステムを構築したり、新たにモデルを開発したりするためのツールが用意されています。イーソルトリニティは、これらのモデルおよび各種ツールのライセンス販売に加えて、ARMコアに関する豊富な知識と技術を活かし、仮想プラットフォームの構築やモデルのカスタマイズ、新規モデル開発など、組込みソフトウェア開発現場の様々なニーズに応えるエンジニアリングサービスを提供します。


ARM Fast Modelsを使うことで、ハードウェア開発と並行して、下層のドライバ、ファームウェア、OSから上位層のアプリケーションまでの各種ソフトウェアの先行開発ができます。また実機を使う場合と比べた利点もあります。特にマルチコアプロセッサなど高機能なCPU向けソフトウェア開発の場合、実機上では困難な、性能劣化のボトルネック解析等を容易に行うことが可能です。


ARM Fast Modelsではソフトウェアの挙動とペリフェラル(メモリ、バス、I/Oデバイス)へのアクセスがすべてトレースできるため、こうしたケースに有用です。また、実機ではまれにしか起こらないエラーでも、仮想環境では再現性が高いため、エラーの要因を特定しやすくなります。


さらに親会社のイーソル株式会社(以下イーソル)とともにイーソルグループ全体で、ARM Fast Modelsと既存の各種製品・サービスとを組み合わせて、ARMベース組込みソフトウェア開発を支援する包括的なソリューションを提供します。継続的インテグレーション(Continuous Integration)を起点に継続的インプルーブメント(Continuous Improvement)の実現を支援するイーソルトリニティの「CI導入支援サービス」の一環として、ARM Fast Modelsを使った実機レスでの自動テスト環境の構築を行います。またイーソルは、リアルタイムOSベースシステム開発ツール「eBinder」とARM Fast Modelsを統合して提供することも計画しています。ARM社Approved Training Center(ATC)であるイーソルよりソフトウェア開発に必要なARMアーキテクチャの基礎を学べるARMアーキテクチャトレーニングも提供できます。


なおイーソルトリニティは、ARM Fast Modelsに加え、ARM社製開発ツール「DS-5」のライセンス販売も行います。

 

※Intellectual Property:知的財産

 


アーム株式会社 代表取締役社長 内海 弦 様のコメント

「イーソルトリニティが、ARM Fast Modelsのライセンス販売とエンジニアリングサービスを開始したことを歓迎します。イーソルグループの多角的な組込みソフトウェアソリューションと、ARM Fast Modelsによる仮想プラットフォームソリューションは相乗効果が高く、日本市場のARMユーザに高い付加価値を提供できるようになると確信しています。」


イーソルトリニティ株式会社 代表取締役社長 上山 伸幸のコメント

「IoTやAI技術等を活用して組込みシステムが知能化し、ソフトウェア規模は拡大する一途です。ARM社純正ARM Fast Modelsは、信頼性の高い仮想プラットフォームで先行開発・テストを可能にするソリューションとして強いニーズがあります。イーソルグループとして、ARMコアをダイレクトに制御するリアルタイムOS、および開発ツールの開発を通じて得たARMコアの知識とノウハウ、そしてARM社との長年の信頼関係を活かし、ARMコア向け組込みソフトウェア開発支援を強化します。」

リリース詳細は発表企業のホームページへ

http://www.esol-trinity.co.jp/news/246/?utm_source=nr170508&utm_medium=email&utm_content=newscontent&utm_campaign=nr

 


■イーソルトリニティ株式会社
http://www.esol-trinity.co.jp/

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983