2017年4月14日 プレスリリース

マウザー、Amphenol Advanced Sensors社の空気質評価ボードの取り扱いを開始

Telaireなど環境センサの評価用Arduino互換ボード

mouser_20170414

 

最新の半導体と電子部品の正規グローバル代理店であるMouser Electronics(マウザー エレクトロニクス 本社:米国テキサス州マンスフィールド、 以下Mouser)は、Amphenol Advanced Sensors(アンフェノール・アドバンスド・センサーズ、以下:Amphenol)社のTelaire AAS-AQS-UNO空気質評価ボードの取り扱いを開始しました。

本製品は、Telaire空気質センサをはじめとするAmphenol社のセンサ製品の評価に役立ちます。

 

Mouserにて購入可能な、このAmphenol Advanced Sensors社の Telaire AAS-AQS-UNO空気質評価ボードは、Telaire 空気質センサをはじめとするAmphenol社の各種センサ製品の評価に使用します。この評価ボードは、Bluetooth low energy 4.0と128×64 OLEDディスプレイに対応し、Telaire T9602 湿度および温度センサ、T6713 CO2センサ、およびSM-PWM-01C 埃センサの定義済みインターフェイスを搭載しています。本製品は、Arduino UNO R3マイクロコントローラと互換性があり、Arduino統合開発環境 (IDE)を使用して、センサ製品のより迅速な評価と開発を可能にします。シリーズの2つのボードのうちいずれにも、ソフトウェアがプリロードされたArduino対応ボード、AAS-AQS-UNOセンサ評価ボード、USBケーブル、OLEDディスプレイ、SM-PWM-01C埃センサが提供されています。RH-CO2キットには、さらにT9602湿度および温度センサ、T6713 CO2センサも含まれています。

 

設計者は、ボードのシリアル出力を構成し、センサデータをUSB接続経由でPCに送信して、サードパーティー・ソフトウェアで記録と分析を行うことができます。代表的なアプリケーションとして、空気質センサシステム、インテリジェント・アパレルデバイス、および低消費電力 IoT(モノのインターネット)ベースのBluetoothモジュールの迅速な開発に活用することができます。

 

詳細
http://www.mouser.com/new/amphenol-advanced-sensors/amphenol-telaire-aas-aqs-uno-evalboard/

 

リリース詳細は発表企業のホームページへ

http://jpressroom.com/wordpress/

 

 

■Mouser Electronics
http://www.mouser.jp

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983