FACTFULNESS(ファクトフルネス) 〜10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣〜

ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、 アンナ・ロスリング・ロンランド、上杉周作・訳、関美和・訳、日経BP社

 ビル・ゲイツが絶賛したといわれる書。「世界は戦争、暴力、自然災害、人災、腐敗が絶えず、どんどん物騒になっている。金持ちはより一層金持ちになり、貧乏人はより一層貧乏になり、貧困は増え続ける一方である。何もしなければ天然資源ももうすぐ尽きる」。我々が常識だと思いこんでいるこうした勘違いを、データに基づき次々と論破する。知識人と呼ばれる人間も勘違いを免れない。世の中を正しく見るための勘所を的確に押さえており、お薦めである。


 筆者は貧困、人口、教育、エネルギーに関する勘違いを体系的に論じており読ませる。いわゆる通説の誤りを指摘する書籍を読んだことはあるが、ここまで体系だっているのは初めて。軽快な筆致なので、400ページの書でもあっという間に読み通せる。

 

 ほとんどの人は、実際よりも世界は怖く、残酷だと考えている。勘違いを生むのは、分断本能、ネガティブ本能、直線本能、恐怖本能、過大視本能、パターン本能、宿命本能、単純化本能、犯人探し本能、焦り本能の10の本能である。マスコミはこうした人間の本能を利用して「世界をドラマチックに仕立て上げる」。こうした本能がマスコミの雇用を支えていると手厳しい。

書籍情報

FACTFULNESS(ファクトフルネス)〜10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣〜

ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、 アンナ・ロスリング・ロンランド、上杉周作・訳、関美和・訳、日経BP社、p.400、¥1944

横田 英史 (yokota@nikkeibp.co.jp)

1956年大阪生まれ。1980年京都大学工学部電気工学科卒。1982年京都大学工学研究科修了。
川崎重工業技術開発本部でのエンジニア経験を経て、1986年日経マグロウヒル(現日経BP社)に入社。
日経エレクトロニクス記者、同副編集長、BizIT(現IT Pro)編集長を経て、2001年11月日経コンピュータ編集長に就任。
2003年3月発行人を兼務。2004年11月、日経バイト発行人兼編集長。
その後、日経BP社執行役員を経て、 2013年1月から日経BPコンサルティング取締役、2016年3月から日経BPソリューションズ代表取締役社長を兼務。2018年3月退任。2018年4月から日経BP社に戻り、 日経BP総合研究所グリーンテックラボ主席研究員、現在に至る。
記者時代の専門分野は、コンピュータ・アーキテクチャ、コンピュータ・ハードウエア、OS、ハードディスク装置、組み込み制御、知的財産権、環境 問題など。
*本書評の内容は横田個人の意見であり、所属する企業の見解とは関係がありません。

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983