統計は暴走する

佐々木 彈、中公新書ラクレ

 統計データを都合よく引用し何となく科学性を装うことで説得力を嵩上げして、誤った方向に誘導する“統計詐欺”が横行するなか、騙されないための知恵を伝授した書。「扇動的な政治家や評論家は決まって統計が大好き」と、経済学者の筆者は危機感を募らせる。統計リテラシをつけるためのポイントを押さえた書である。

 

 筆者は5W1H をきちんと押さえ批判的に統計を読み、統計を使う裏にある「意図」を汲み取らないと真相は分からないと強調する。「データはウソをつく」「統計でウソをつく法」「データの罠」など類書が多いが、時流にあった話題を取り上げており役立ち感がある。ちなみに東大生協の売れ筋書籍(新書部門)で11月にベスト10に入っている。

 

 本書は、東京大学での講義を新書化したも。20の例題を取り上げ分析し、それぞれにヒント、解答と解説、教訓を論じるという構成をとる。例題が具体的なので理解が進む。筆者は現在の統計の使い方に批判的である。本書の構成を見ても、統計は騙す(詐欺・偽装編)、統計は盗む(窃盗・横領編)、統計は迫害する(中傷・虐待編)、統計は殺す(殺人・環境破壊編)と手厳しい。

書籍情報

統計は暴走する

佐々木 彈、中公新書ラクレ、p.254、¥842

 

横田 英史 (yokota@nikkeibp.co.jp)

1956年大阪生まれ。1980年京都大学工学部電気工学科卒。1982年京都大学工学研究科修了。
川崎重工業技術開発本部でのエンジニア経験を経て、1986年日経マグロウヒル(現日経BP社)に入社。
日経エレクトロニクス記者、同副編集長、BizIT(現IT Pro)編集長を経て、2001年11月日経コンピュータ編集長に就任。
2003年3月発行人を兼務。2004年11月、日経バイト発行人兼編集長。
その後、日経BP社執行役員を経て、 2013年1月から日経BPコンサルティング取締役、2016年3月から日経BPソリューションズ代表取締役社長を兼務。2018年3月退任。2018年4月から日経BP社に戻り、 日経BP総合研究所グリーンテックラボ主席研究員、現在に至る。
記者時代の専門分野は、コンピュータ・アーキテクチャ、コンピュータ・ハードウエア、OS、ハードディスク装置、組み込み制御、知的財産権、環境 問題など。
*本書評の内容は横田個人の意見であり、所属する企業の見解とは関係がありません。

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983