組込み技術を成長産業へと“つなぐ”新たな一歩に。新設「IoT Technology 2015」同時開催の意味とは!?

<11月に同時開催>Embedded Technology 2015/IoT Technology 2015の注目ポイント(1)

11月18日から3日間、パシフィコ横浜で開催されるEmbedded Technology 2015。今回は、新設されたIoT総合技術展「IoT Technology 2015」と同時開催となる。新たな一歩を踏み出す、ETとIoT Technologyの注目ポイントを紹介する。


組込み×IoT 同時開催でシナジー効果を創出

ET展は、言わずと知れた世界最大級の組込み総合技術展だ。マイコンのツールフェアとして始まった第1回から今回で29回目を数え、あらゆる産業分野の成長に寄与してきた。同時に、率先してIoT(Internet of Things)にもフォーカスし、IoTゾーンを開設するなど、劇的に変わろうとするビジネス環境の核となる組込みの先端技術をアピールしてきた。

 

新たに立ち上げたIoT Technology展は、本格的なIoT時代を迎え、重要性と将来への期待がますます高まる組込み技術と、それを“つなげる”IoT分野の新しいニーズや技術を捉えて、これからのシステム開発へのソリューションを提案する場とすることを狙いとした。

concept

 

「IoTは、今やバズワードと言えるほど注目が高まっている。これだけさまざまな産業が注目しているなかで、従来のET展の出展社、来場者の皆様と、IoT分野の新たな出展社や産業分野の皆様と、新しいビジネスマッチングの場を創出していく」とET実行委員会委員長の山田敏行氏(株式会社日新システムズ)は言う。

 

ETと同様に、IoT分野でも“総合技術展”にこだわった。
「昨今、IoTに関連した展示会は開催されているが、クラウドサーバ構築の技術があり、クラウド対応の経営システムがあり、その横ではスマートアグリの野菜工場のデモンストレーションが置いてあったりして、非常に混沌として何を伝えたい展示会なのかよくわからない印象が強かった。ここでは、IoT展ではなくあえて“IoT Technology”と冠して最先端のIoT技術を示し、ET展での最新の組込み技術とのシナジー効果を生み出すことを目指す」(山田氏)。

 

さまざまな技術の複合がIoTであり、複合技術の核となるものが組込み技術である。これからのビジネスの両輪ともなる双方の最先端テクノロジーとソリューションが同時に得られるからこそ、展示会に来場するメリットが最大限に享受できることになる。

 

 

■ET2015/IoT Technology2015公式サイト

http://www.jasa.or.jp/expo/

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983