ET2014、IoTを軸に組込み技術が起こすイノベーションを紹介

11月19日(水)から3日にわたり開催されるET2014。9月3日に行われた説明会からET2014の全体像を紹介する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全体概要を説明する山田敏行実行委員長

来る11月19日(水)から3日間、パシフィコ横浜で開催される組込み総合技術展「Embedded Technology(ET)2014」(主催:一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)、企画・推進:株式会社ICSコンベンションデザイン)。大手メーカ・ベンダをはじめ、組込み業界を牽引する企業が出展を予定している。そのET2014では、主要テーマとして「IoT(Internet of Things)」に焦点が当てられた。“IoTでビジネスが変わる”という視点から、成長分野に対してイノベーションを起こす組込み技術の進化を示していくことを狙いとする。

 

ET2014実行委員会の山田敏行実行委員長(一般社団法人組込みシステム技術協会理事/株式会社日新システムズ)は「昨年は、あらゆるモノをつなげて行こうということで“Be Connected”をテーマに掲げた。この1年で“つながる”という世界が当たり前になり、IoTという言葉が非常に大きく出てきた。今年のETでは、このIoTでビジネスが変わる中、組込み技術がどのように進化していくのか、軸足をIoTのビジネスに向けて、何が変わっていくのかをしっかりと示して行ける展示会にしたい」と述べた。

et2014concept2

ET2014のコンセプトを表現した図。IoT時代に不可欠となってくるビッグデータ、クラウド、セキュリティなどキーテクノロジーを取り入れ、組込み技術の新成長産業分野へのイノベーションを示すことをイメージしている。(クリックで拡大表示)

 

展示会場やカンファレンスプログラムでも、IoTを意識した情報発信がなされる。
展示会場では「IoTゾーン」を設置し、アームをはじめ出展各社が目前に開かれている新市場に取り組むソリューションが展示紹介される予定だ。

また、カンファレンスプログラムでは「IoTトラック」を新設、各日トラック基調講演+ベンダセッションの組み合わせで構成される。トラック基調講演には、野村総研、慶応大学、東京大学、アーム、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズの講演が予定されている。

 

 

注目される基調講演は4講演を実施

今回、基調講演は4講演用意された。
初日のスタートを飾るプログラムでは、NTTデータ代表取締役社長 岩本敏男氏が登壇し、「ITが創る社会と組込みへの期待」をテーマに講演する。
「IT技術で世界が劇的に変わってきた中にIoTが加わった。ビジネスイノベーションの世界なので、成長分野のイノベーションを知るために我々がお客様にもっと近づいて行かなければならない。そのために最大のSIerであるNTTデータさんにご登壇いただき、社会のトレンドと組込み技術への期待を語っていただく」と山田委員長は説明する。

 

2日目は、トヨタIT開発センター代表取締役社長 橋本雅人氏が「車とITの融合」をテーマに、3日目は、JAXA 川口淳一郎教授が「はやぶさとスマートエネルギー」をテーマに、パナソニック 全社CTO理事 梶本一夫氏が「パナソニックの戦略領域」をテーマにしたプログラム構成が発表された。

conference

ET2014でのカンファレンス全体構成。130以上のセッションが実施される予定だ。

 

ここが新しい!ET2014の新たな取り組み

・EDAゾーンを新設
昨年まで併催されていた「EDSFair」がなくなり、ETは今回から単独開催に戻ることになったが、新たに「EDAゾーン」として関連技術がゾーニングされ展示される。「EDAゾーン」には、ハードウェア開発環境(EDA)、EDA/LSI設計関連ツール、設計サービス関連(LSI/PCB)等、EDAに関連する製品・技術を扱う企業が集う。

 

・「アプリケーショントラック」「EDAトラック」のベンダセッションを新設
カンファレンスプログラムでは「IoTトラック」に加え、成長産業分野のアプリケーションに特化した「アプリケーショントラック」と「EDAトラック」が新設される。
また、これまでの「FPGAトラック」を「プログラマブル・デバイストラック」と改め、対象分野を広げて情報発信するトラックとして実施される。

 

・ETアワードをアップデート
昨年までの応用分野ごとの選定を改め、市場へのインパクトがある、今年の市場トレンドにマッチしている、従来製品と明確な違いがあることをポイントに公募。表彰式は初日のレセプションパーティ内で実施する。

 

なおET2014では、展示会規模として370社・団体/750小間、来場者数23,000名を予定している。

 

 ■Embedded Technology 2014開催概要
 会期:2014年11月19日(水)~21日(金)10:00-17:00(20日(木)は18:00まで)
 会場:パシフィコ横浜 展示ホール及び会議センター
 展示会規模(予定):370社・団体/750小間
 来場者数(予定):23,000名
 カンファレンス規模:130セッション以上

 

 

ETWest2015は来年6月に開催、出展申込の受付を開始

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ETWest2015の開催概要を説明するET事務局・大橋美樹氏

引き続いて、「Embedded Technology West(ETWest)2015」の開催について、ET事務局であるICSコンベンションデザイン・大橋美樹氏より発表された。

 

先の7月、会場を新たに実施されたETWest2014は、前回を400名超上回る6132名の来場者が集まった。
「出展社からは“これまで以上に来場者の名刺が集まった”“具体的な商談につながった”とうれしい言葉をたくさんいただいた。出展の大きな目的である関西市場の開拓に、着実に成果があがっているようだ」(大橋氏)ということで、ETWest2015への期待も高まりそうだ。

 

そのETWest2015は来年6月10日(水)11日(木)の両日、グランフロント大阪内のコングレコンベンションセンターで開催されることが決定している。

同時に、出展申込も3日(水)から受付を開始した。申込締切は2015年2月27日(金)となっているが、前回も締切を待たず満小間になったことから、出展を希望される企業には早めの申込が望まれる。

 

 ■Embedded Technology West 2015開催概要

 会期:2015年6月10日(水)・11日(木)
 会場:グランフロント大阪
 同時開催:Smart Energy Japan in Osaka 2015
 前回実績:
  展示会規模:129社・団体/185小間
  来場者数:6,132名
  カンファレンス数:50セッション

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Embedded Technology 2014 公式サイト http://www.jasa.or.jp/et/

Embedded Technology West 公式サイト http://www.jasa.or.jp/etwest/

 

(樋口泰光)

プレスリリース ヘッドライン

» アーカイブ一覧

相互リンクを大募集中

E.I.Sでは、組込み技術・エレクトロニクス分野に関連するサイト・ブログとの相互リンクを大募集中です。個人で運用されているブログも大歓迎いたします。

相互リンク募集ページ

運 営

株式会社ピーアンドピービューロゥ

〒102-0092
東京都千代田区隼町3-19 清水ビル6F
TEL.03-3261-8981 FAX.03-3261-8983